さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2019年06月25日

宮の森日記●芯折れ

宮の森日記●芯折れ
鉛筆削りの中で芯の先が折れてしまうことがあります。
保存状態が悪かったのか?
それとも鉛筆削りとの相性の問題か?
経験上、比較的「折れやすい色」の傾向があるような気もしますが、おそらくは顔料による芯の硬さの違いなども多少影響しているのでしょう。
時には削っても削っても繰り返し折れてしまい、1本ほとんど使えずに終わってしまうようなこともありますが、かと言って「不良品」と断言するだけの根拠もありませんから、こればっかりは運が悪かったと諦めるしかありません。

締め切り前夜、いちばん使う色が折れてダメになってしまったら…と考えるだけでも恐ろしくなります。
せめてもの自衛策として、常に全色、数本ずつはストックしておかないと…。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
宮の森日記●芯折れ


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●最終演説
宮の森日記●ヒマワリ
宮の森日記●新たなお仕事
宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室
宮の森日記●賞味期限
宮の森日記●ご当地マンホール
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●最終演説 (2019-07-20 23:55)
 宮の森日記●ヒマワリ (2019-07-19 23:55)
 宮の森日記●新たなお仕事 (2019-07-18 23:55)
 宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室 (2019-07-17 23:55)
 宮の森日記●賞味期限 (2019-07-16 23:55)
 宮の森日記●ご当地マンホール (2019-07-15 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●芯折れ