さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~

2019年08月15日

宮の森日記●いちばんのお気に入り


時刻表の表紙に使って頂いたのは2度。
現在配布中のもの(左)ももちろん気に入っているのですが、 本音を言えば、やはり最初に出された2015年3月改正号(右)には 今も特別な想いを持っています。
ちなみに高架化工事に伴うダイヤ改正の関係で、わずか半年ほどしか使われなかった幻の時刻表?です。

先日のTV取材で「いちばん気に入っている作品は?」と訊かれた時も、迷わずこの時刻表を手にしました。
いささか手前味噌ながら、私にとっては、えちぜん鉄道さんの魅力を象徴する一枚だと思っています。
そのあたりの想いを、カメラの前でうまく語れたかどうか?
まだしばらく先だと思いますが、放送を見るのが楽しみなような、怖いような…。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月14日

宮の森日記●嵐の前の…?


やはりあと1日2日ずれていたら、私もかなり困った状況に巻き込まれていたかも知れません。
いよいよ西日本に接近中の台風10号の影響で、明日15日は山陽新幹線・新大阪~小倉間の終日運休をはじめ、広範囲で多くの交通機関が運休・欠航になるようです。
しかもお盆休みの真っ只中とあっては、列車や飛行機を振り替えるにしても、代替便も軒並み満席で身動きが取れなくなることは想像に難くありません。
無事に札幌に戻れたことを安堵しつつも、直接間接、さまざまな形で影響を被られてしまう方々を思うと、「ともかくご無事に、ご安全に…」と祈るばかりです。

今日の札幌は見事な快晴でした。
こちらに台風が近づくのは明後日~明々後日頃になりそうです。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月13日

宮の森日記●台風10号を気にしつつ


本当は午後までいるつもりでしたが、徐々に本州に近づきつつある台風10号が心配なので、午前中の特急列車で福井を発つことにしました。
限られた時間であまり遠くまでは行けませんが、帰る前にもう少しだけ、えちぜん鉄道さんの沿線風景を記録しておきました。


いつもお世話になっている「ホテル京福」さんの前からも電車が見えるようになりました。
初めて訪れた頃はまだ地上の仮設駅で、ホテルの名前も「ターミナルホテルフクイ」でしたから、思えばずいぶん時が経ってしまったんだなぁ…としみじみ感じてしまいます。
それでも未だ変わることなく、福井の皆さんとの御縁が続いているのは本当に嬉しいことです。


特急「しらさぎ」~東海道新幹線~名鉄電車を乗り継いで中部国際空港セントレアへ。
万が一にも強風で連絡橋が封鎖されたら…と案じて早めに移動してきたのですが、飛行機のほうは変更不可の早割なので、夕方の最終便までだいぶ時間が空いてしまいました。

時期が時期だけに、きっと大混雑だろうと覚悟していた「フライト・オブ・ドリームズ」のスターバックスさんを覘いたら、タイミングよく飛行機の見える席が空いていました。
締切前の仕事を進めつつ、ここでしばらく楽しんでいくことにします。


結果的には台風の影響を被ることなく、欠航にも条件付き運航にもならずに飛んでくれたのは幸いでした。
離陸前、北海道では見られないJTA(日本トランスオーシャン航空)の「さくらジンベエ」に出会えたのがこの旅最後の収穫です。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月12日

宮の森日記●猛暑の福井でTV取材


昨晩は花火を観に訪れたえちぜん鉄道・三国港駅で、今日はTV取材をお受けしてきました。
荒天や交通障害等々の可能性を考えると、地元から遠く離れた場所での取材はお互いにリスクを伴うものですが、それでもお声を掛けて頂けるのは素直にありがたいことですから、可能な限りはお応えしなければと思います。
何はともあれ、台風10号に足止めされることなく福井に辿り着けただけでもまずはホッとしています。


猛暑の中、クーラーのない駅構内で約1時間半のインタビュー取材。
しかも収録中にトイレに行きたくならないようにと朝食も抜いてきたので、終盤にはちょっと意識が朦朧としてきました。
取材が終わるや否や目の前の電車に飛び乗って、大関駅前「森のめぐみ」さんに駆け込んでランチを頂きようやく生き返った心地がしました。


今日の福井の最高気温は36.9度だったとか!?
いつもなら駅から駅まで線路際を歩きながら写真を撮ったりするのですが、さすがに今回ばかりは身の危険を感じたので、あまり駅から離れない範囲で絵になる風景を探すことにしました。
そういえば勝山駅ホームの恐竜の足跡も最近きれいに塗り直されたみたいですね。


少し早めに福井市内に戻って、夕食はもちろん「ヨーロッパ軒」さんのソースカツ丼♪


宿に戻る前に、柴田神社の柴田勝家公にもご挨拶してきました。
札幌には明日の飛行機で帰る予定です。
台風10号はどうにか回避できそうですが、念の為、少し予定を早めて空港に向かおうかと思います。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月11日

宮の森日記●4年ぶりの三国花火


じわじわと接近中の台風10号とか、お盆休みの大混雑とか、締切間際のお仕事とか、いろいろあってギリギリまで気を揉みましたが、どうにか無事にここまで辿り着けました。
大迫力の花火はもとより、電車も社員も総動員で観客輸送に奮闘されるえちぜん鉄道さんの姿に触れられただけでも大収穫です。

あとは台風の行方次第で帰りの飛行機が飛ぶかどうか…。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月10日

宮の森日記●筆は消耗品


「なんとなく調子が出ないなぁ…」と感じる時は大抵、筆の穂先が擦り減っているようです。
道具を大切に扱うのは当然ですが、でも筆はやっぱり消耗品と割り切ったほうが良いみたいですね。
1本で何枚くらい描けるものなのか、実は私もきちんと計算したことはないのですが、ともかく気になったらすぐに替えられるよう、ストックだけは切らさないようにしています。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月09日

宮の森日記●大通公園


今年もテレビ塔の前で盆踊りの櫓が組まれていました。
もうそんな時期なんですね。
とりわけ今年は秋に向けての大事なお仕事を抱えているので、刻々と過ぎゆく季節にちょっと焦ります。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月08日

宮の森日記●涼しい雨の日


最高気温25度!
一時の猛暑が過ぎて涼しくなったのは嬉しいのですが、それでも部屋の中はクーラーが必要なほどの暑さが続いています。
冬に備えての断熱構造ゆえ、夏は熱がこもりやすくなっているのでしょうか?

台風8号から変わった温帯低気圧の接近で、札幌でも夜になって雨がかなり強くなってきました。
大きな被害が出ないことを祈ります。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月07日

宮の森日記●考える時間


とにかく少しでも作業ペースを上げるには、「考える時間」と「手を動かす時間」をきっちりと切り分けてしまったほうが良いみたいです。
とある取材のオファーとか、目先のお仕事や先々の絵画教室のお話とか、もしかしたら次の出張に重なるかもしれない台風接近の報とか…。
今日は色々考えることが重なって、何となく落ち着かない一日でした。
こういう日は中途半端に手を動かすよりも、しっかり頭を整理して、そのかわり明日以降の作業の準備を整えておくべきかも知れませんね。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月06日

宮の森日記●オシドリの雛


他の野鳥を見つけられない日でも、彼らには必ずといっていいほど出会えます。
今日もカメラを構えていたらオシドリの雛が寄ってきました。
あまり人を警戒しないんですね。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月05日

宮の森日記●ジャイアント馬場展


たまたま会場に流れていた試合映像がジャイアント馬場&ラッシャー木村組vs天龍源一郎&スタン・ハンセン組!
で、最後天龍さんがパワーボムで馬場さんを仕留めてしまったのを見て、「あぁ、あの試合って札幌だったんだ!」と今更ながら気付きました。
当時、あの馬場さんが負けること自体が大事件だったのを今でもはっきり覚えています。

試合の写真やリングシューズ、数多のチャンピオンベルトなどと共に、会場には自筆の油絵や画材、日用品や奥様宛ての手紙なども並べられていて、 解説のパネルを読めば、学生時代に最初は美術部だったとか、「モンマルトルで絵を描いて暮らしたい」と語っていたとか…。
プロレスという荒々しいイメージとは裏腹に…というより、むしろプロレスファンの間ではよく知られていることですが、リングを離れれば実に穏やかな紳士だったんだなと、見ていてほのぼのとした気持ちになれる展示会でした。

しかし馬場さんの試合を見て「懐かしい!」と言ってしまう私ももう歳ですね…。

「ジャイアント馬場展」は、さっぽろ東急百貨店で8月11日まで開催中。
同世代の皆さんにはぜひお薦めです!


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月04日

宮の森日記●帰札翌日


今日は千歳基地の航空祭でしたが、さすがに昨日までの東京の猛暑で力尽きました。
政府専用機のB747が残っていれば無理してでも行ったのですが…。
まずは体力回復に務めつつ、家に籠って目先のお仕事を頑張ります。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月03日

宮の森日記●靖国神社


あまりの暑さに今日は諦めようかとも思いましたが、せっかく東京まで来たのですから、気を入れ直して靖国神社にお参りしてきました。


まずは参拝を終えた後、遊就館の喫茶室で遅めの昼食。
冷たいサイダーでようやくホッと生き返った心地がしました。


遊就館では、館内に展示されている蒸気機関車「C5631」の帰還40周年記念展が催されていました。
戦時中に供出され、タイ~ビルマ間を結ぶ「泰緬鉄道」の建設現場で使われていた機関車です。
この機関車が他ならぬ靖国神社に奉納された意義を心に刻みつつ、数多の先人の方々への感謝の想いを新たにしました。


恐竜橋の向こうに花火が見えました。
羽田からいつもの最終便で札幌に戻ります。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月02日

宮の森日記●猛暑の東京


せっかくすぐ近くに泊ったので、朝のうちから羽田空港に入り浸ってきました。
まずは第1ターミナルでモーニングコーヒー。
午後からの打合せに備えて資料整理…のつもりでしたが、こんな楽しい席では気になって仕事になりませんね(笑)。


タイ国際航空のジャンボも見ました!


ランチは第2ターミナルのいつものお店で。


モノレールに乗ったらピカチュウが!


東川口の食堂車レストラン「グランシャリオ」さんにも少しだけ寄ってきました。
それにしてもこの猛暑…。
駅から歩いてくるだけでも気が遠くなりそうです。
都内に戻って本題の打合せが終わったら、今日はもうおとなしく宿に入って休むことにします。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年08月01日

宮の森日記●はじめての深夜便


夏休みシーズンにもかかわらず、通常便の半額程度という安さに惹かれて、今回の上京では初めてAIRDOの深夜便を選んでみました。

こんな時間に来ることなど滅多にない新千歳空港ターミナルの飲食エリアで夕食の店を探していたら、「ファイターズダイニング・ロスター」さんがまだ開いていました。
見られないと思っていた今夜の試合のTV中継も流れていてちょっと嬉しくなったのですが…。
敗色濃厚の9回表、ダメ押しのホームランを喰らったところで諦めて搭乗口に向かいます。


「地上交通の接続の保証はありません」という条件付きの深夜便って、一体どのくらいの需要があるのだろう?…と興味津々だったのですが、今日の便は半分ほどの座席が埋まっていたようです。
定刻21時45分よりも少し早めに新千歳空港出発。
このまま順調にいけば羽田からの電車も多分大丈夫そうです。


機内では期間限定&深夜便限定で「じゃがポックル」のプレゼント♪


暗くて外は見えませんでしたが、いつもの便とは少し違う経路を飛んでいたようです。
内陸ではなく太平洋岸に沿って東京方面へ…。


着陸態勢のアナウンスの後、眼下に港が見えてきました。
東京湾のどこか…だとは思うのですが、時間帯も経路も普段とは違うのでよく分かりません。


さすがにこの時間だと羽田周辺に宿を取らねばなりませんが、それでも早起きして翌朝の便に乗るよりは断然楽ですし、料金的にも深夜便+ビジネスホテルで通常便とほぼ同額、といった感じですから、工夫次第では深夜便も結構使えそうです。

最後は「沖止め」のおまけも付いて楽しい空旅になりました。
まだ動いている京急に乗り換えて、今夜は蒲田泊です。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜