さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~

2017年11月19日

宮の森日記●雪景色!


 昨日からの雪は今日になってもかなり降り続きました。
 私はまだ見ていないのですが、市電のササラ電車(除雪車)もそろそろ活躍を始めているようです。


 まだまだ重い湿雪なので、積もり方も、木々や電柱への着雪もなんとなく北陸地方のような雰囲気です。
 僅かに残る紅葉と雪とのコントラストはこの時期ならではの美しさですね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55

2017年11月18日

宮の森日記●恐怖のドライブ・冬道編


 昨晩から本格的な雪になりました。
 カミサンに冬道を運転させるのはまだちょっと心配ですが、まぁ、この程度の積もり方のうちに練習する機会が得られたのはむしろ幸運だったかも知れませんね。


 少し遠くまで走って買い物を済ませた後、丘珠空港緑地にも寄ってみたらちょうど虹が出ていました!


 残念ながら飛行機が現れる頃にはだいぶ薄くなってしまいましたが…。
 でも、こういうのもいずれは絵に描いてみたいですね。
 とは言ったものの、ファンタジー調の作風ならともかく、私のような画材と作風で虹を描くにはどうしたら良いのだろう?…と真面目に考えるとちょっと悩んでしまいます。


 昼間はそこそこ晴れていたのに、帰る頃には激しい吹雪になってしまいました。
 ちょっと怖い位の降り方でしたが、これもまた良い練習です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月17日

宮の森日記●ホワイトイルミネーション準備中


 大通公園はホワイトイルミネーションの準備中。
 ちょうど電気配線の確認作業でもされていたらしく、据え付けられたばかりの大きなオブジェが、色やパターンを変えながら何度も点滅を繰り返していました。
 いよいよ年の瀬を感じさせる、ちょっと焦ってしまうような風景です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月16日

宮の森日記●急遽、丘珠空港へ


 先月から始まったNHK文化センター札幌教室での水彩色鉛筆画講座の指導を終えて、午後から急遽、丘珠空港へ。
 細かい経緯は省きますが、JALのカウンターまで直接足を運んで、昨日までの期限内に支払うことができなかった便の航空券をどうにか無事に発券して頂くことができました。
 昨晩のシステムメンテナンスの影響…という事情も考慮して、できるだけ不利益がないよう色々考えて下さったようで、すっかりお手を煩わせてしまった問合せ窓口や空港カウンターの皆さんには只々感謝するばかりです。

 旅にアクシデントはつきものですが(準備段階も含めて…)、そういう時、個々の事情をきちんと汲んで、親身になって対応して頂けるのは本当にありがたいこと。
 結果、仮にこちらの意にそぐわない形に終わってしまったとしても、「この会社さんなら次回もぜひ!」という思いはしっかりと己の内に刻まれるものです。
 勿論、逆もまたしかりで、「乗らずに済むならもう乗りたくない!」と思ってしまう会社さんもあるわけですが…。
 でも、こと航空会社さんに関しては、今のところ不愉快な思いをした記憶がない…というか、「不愉快な思いをさせない努力」がこちらにも伝わってきて、個人的にはむしろ清々しく感じたことばかりが思い出されるから不思議です。
 この歳になって突然飛行機を描いてみたくなったのも、そんな些細な積み重ねが少なからず影響しているのかも知れませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月15日

宮の森日記●45歳の誕生日


 自分で言うのもなんですが…。
 誕生日の夫婦のディナーをラーメン屋さんで済ませられるのって、余程仲が良いか、もしくは冷めきっているかのどちらかでしょう(笑)。

 45歳の初仕事はNHK文化センター新さっぽろ教室の水彩色鉛筆画講座と、新商品の発売告知のリリース送信。
 発売元の会社さんから急ぎ送って頂いた商品画像を見て、「あぁ、こんな風に仕上げて下さったんだ!」と今更ながらちょっと嬉しくなりました。
 で、45歳の初アクシデントは…今夜が支払い期限の予約済み航空券が買えなくなってしまったこと。
 JALのシステムメンテナンスでWebサイト等々が停まることは訊いてはいましたが、よもやコンビニ支払もできなくなるとは思ってもみませんでした。
 今夜はもはや手の打ちようがないので、明朝8時のシステム再開を待って何とかしようと思います。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月14日

宮の森日記●真逆の状況


 目標とか、決意めいたものを心の内で定めると、状況は大抵その真逆のほうに向かっていくから不思議です。
 そういう真逆の状況の中から、「おっ、そういう道もあったか!」と積極的に受け容れるものと、頑として拒絶するものとを巧く見極めて切り分けていく、そのあたりの臭覚がきっと大切なんでしょうね。
 本音を言えばまだちょっと迷いもあるのですが、とりあえず、何かしら得るものがあるだろうと信じて、数日前までは全くその気がなかった遠出の旅程を急ぎ練り始めているところです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月13日

宮の森日記●旅程検討


 新千歳空港って日本中と繋がっているような気がしていたのですが、いざ調べてみると直行便のない都市もまだ結構あるんですね。
 新年早々、訪れることになりそうな遠方の街もそのひとつ。
 となると、羽田あたりで乗り継ぐのが妥当なのか、それとも近隣県の空港から鉄道利用のほうがお得なのか…?
 なにぶん普段あまり縁のない地域なので、距離や時間の感覚がまるで分からず、Webサイトや時刻表を睨みながらすっかり悩み込んでしまいました。

 今では毎月飛行機に乗るようになったとはいえ、基本的にHACかエア・ドゥばかりですから、考えてみれば「乗り継ぎ」という概念自体がほとんど未知の領域です。
 はて、乗り継ぎ空港に着いたら改札外(?)に出て良いものなのだろうか?…と、勝手が分からず今から不安になっています(笑)。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月12日

宮の森日記●記者会見翌日


 チームにとって必要…というよりも、チームを挙げて彼の夢を応援するようなスタンスだったのかも知れませんね。
 ファイターズらしいといえばファイターズらしい、こういうところがむしろ清々しい限りです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月11日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


 いつだったか、迎えに来たカミサンに「喋りっぱなしで喉が渇いたよ!」と言ったら、「絵の講師ってそんな喋ることあるの?」と不思議がられたことがありました。
 黙々と筆を走らせる生徒さんたちの様子を「ウン、ウン」と頷きながら眺めているような、そういうイメージがあったのでしょうか?
 「教える仕事」である以上、私は気付いた点や創作上の自身の経験談など、些細なことでもできるだけ言葉にして生徒さんにお伝えするよう留意しているつもりですが、他の教室の先生方はどんな感じで指導されているのかな?と時々考えてしまいます。

 今日も教室を終えるとカミサンがクルマで迎えに来ていたので、少し遠くまでランチに出掛けてきました。
 喋る仕事はそれだけ脳がエネルギーを消費するのか、お腹も空くし、何より助手席に座っているだけでも眠くて眠くて仕方ありません。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月10日

宮の森日記●評価


 上手な絵、綺麗な絵じゃなくて、「お前の絵が使いたい!」と時々言って頂けることが本当に励みになります。
 逆に、ただ単に「料金は払いますから描いて下さい」という話だと、たとえ小さなカット一枚でも、どうしても気持ちを保ち続けるのが難しいものです。
 振り返ってみても、長く続いている会社さんとの間では、何気ない場面でかけて頂いたそういう類の言葉を今でもはっきりと覚えていますし、一方で、今度お話を頂いたとしても、申し訳ないですがちょっと…と思っている会社さんも実はいくつかあります。
 FA権を取得したプロ野球選手が、条件云々の話の前に「球団が必要だと言ってくれたから…」と残留を決めたり、逆に「一緒にやろうと言ってもらえなかったから…」と退団していくのも、そう考えるとなんとなく分かるような気がします。

 やっぱり見ていて下さる方はいるんだな!…と、嬉しくなるお話を今日はいくつか頂きました。
 時々ですがこういうお話があるから続けられるのかも知れませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月09日

宮の森日記●資料写真


 だいぶ前に撮った写真を拡大してみると、自分でも気付ていなかったものが写り込んでいたりします。
 すっかり溜まってしまった過去数年分の機窓写真を洗い直してみるだけでも、次作のヒントが色々出てきそうな気がします。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月08日

宮の森日記●落葉


 困った人や卑怯な人、ルールや道理が通じない迷惑な人がすぐ近くにいて、その下品で理不尽な振る舞いが自分にも降りかかってきた時、ただ闇雲に怒りの拳を振り上げても何の解決にも繋がらないのでしょう。
 そういう時ほどしっかりと策を練って、何より自分自身があくまで凛とした姿勢を貫き続けることで、己の正しさと、そういう下品な人たちの理不尽さを周囲に知らしめることが大切なのかな?と思います。
 政治や外交の場に限らず、こういうのは仕事や私生活でも一緒なんでしょうね。
 「対峙」するより、「かわす」ということ。
 ヒール軍団の乱入・乱闘・反則攻撃を耐え抜いて、最後はしっかり正攻法で3カウントを奪うエース級のプロレスラー…みたいな感じでしょうか?
 そういう生き方ができるよう、私も心に留めておこうと思います。

 今日は一時、かなり激しい雨が降って、街路樹の葉もかなり落ちてしまいました。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月07日

宮の森日記●久しぶりの212号


 市電と街の風景をカメラに収めながら歩いていたら、お気に入りの212号がすすきの交差点の角を曲がってやってきました。
 最近見ないと思ったら、どうやら改修工事を受けていたらしく、薄汚れていた緑色の車体はすっかり綺麗に塗り直されていました。
 よく見るとパンタグラフも最新型のものに交換されていて、見た目もちょっと洗練された感じです。
 今年で車齢59年、さすがにそろそろ引退かと思いきや、まだしばらくは頑張ってくれるみたいですね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月06日

宮の森日記●作戦変更


 美しい機窓風景を捉えるためには、多少高くても変更可能な航空券を買って、直前の天気予報をチェックしてから乗るか乗らないか決めたほうが良いのかな?…としばらく前から考えていたのですが、あたりまえですが「晴れ」でも視界が利かない日もあるんですね。
 だとしたら、むしろ変更不可の早割で、そのかわり搭乗回数を少しでも増やした方が良いのかも知れません。

 結局いつもの話ですが、とにかく場数を増やすということ。
 本当に納得のいく飛行機の絵なんて、私ごときのキャリアではまだまだ描けなくて当然でしょう。
 「北斗星」だって27年間、458回も乗ってまだこの程度の作品しか描けずにいるのですから…。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017秋号10/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状 ご注文承り中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月06日

【作品掲載】イオンの2018年戌年年賀状

 イオンの年賀状印刷サービスで、私の描きおろしイラストによる年賀状をご注文頂けます。

 絵柄は、懐かしいものから「箱根登山鉄道」の引退した旧型電車110号、雪の青森駅に佇む国鉄特急型「583系電車」、それに新しいものから「大阪環状線」と「山手線」のそれぞれ最新鋭電車の計4種類。
 料金、ご注文方法、受付期間等、詳細はイオンの年賀状サイトを御覧下さい。
 >>イオンの年賀状サイト(トップページ)https://www.aeon-nenga.jp/

 ※トップページから「ご自宅受け取り」もしくは「店舗で受け取り」のいずれかを選んだ後、「見本番号から検索」欄に、下記の見本番号を入れて頂くと簡単にアクセスできます。。


▲見本番号:4855 「箱根登山鉄道」



▲見本番号:4856 「583系特急電車」



▲見本番号:4857 「大阪環状線」




▲見本番号:4858 「山手線」




【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:49お知らせ/お仕事