さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2019年04月02日

宮の森日記●雲の上

宮の森日記●雲の上
 いつもなら比較的空いている後方席を選ぶのですが、今日は久しぶりに最前列窓側の1F席を取ってみました。
 出発前、すぐ目の前で繰り広げられる地上作業や、離陸前の誘導路、滑走路の様子など、前方席ならではの眺めをたっぷりと楽しんでいこうと思います。

宮の森日記●雲の上
 あいにく上空は雲が多めで、離陸後ほどなく地上が見えなくなってしまいました。
 こういう時はもっぱらスケッチ練習に限ります(笑)。

宮の森日記●雲の上
 ひと月ぶりの羽田空港。
 4月なのに寒い、寒いと天気予報では聞きましたが、札幌人の感覚ではもう充分、東京はすっかり春の陽気です。

宮の森日記●雲の上
 子供の頃からずっと憧れていた、それこそ「雲の上の存在」だと思っていた方と直に接点を持たせて頂く機会が、長い人生の中では時々巡ってくるものです。
 にしても、30年以上も前から、その方の手掛けた出版物や作品をしばしば眺めては、「凄い人がいるんだなぁ…」「こういう世界もあるんだなぁ…」と只々心を奪われていた、その方のご自宅にお招き頂ける日が来ようとは…。
 それも、取材やお仕事の話ではなく、もったいなくも同じ「趣味仲間」として何時間も語り合わせて頂けるなんて、自分でも半ば信じられない気持ちです。

 その方が、私のような者の名前を覚えて下さったのも、「絵」という道具があったからに違いありません。
 そして、絵の教育など受けたこともない私にとって、創作の道標となったのは間違いなく、幼い頃に出会ったその方の出版物や、誌面を飾る作品たちの鮮烈な印象だったんだなと、今になってつくづく感じています。

 「絶対描き続けろ、きっといいことあるから!」。
 絵を始めたばかりの頃、そう言って私に声を掛けてくれた方がいましたが、その「いいこと」とは、こういうことだったのかな?…と。
 続けていれば、いつかこういう日が来るんだぞ!…と、若い頃の自分に教えてやりたい気分です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019冬号2/25発行!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●市電フェスティバルからの本州行き
宮の森日記●あれから1年
宮の森日記●上京予定
宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室
宮の森日記●市電フェスティバルの準備
宮の森日記●残暑
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●市電フェスティバルからの本州行き (2019-09-07 23:55)
 宮の森日記●あれから1年 (2019-09-06 23:55)
 宮の森日記●上京予定 (2019-09-05 23:55)
 宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室 (2019-09-04 23:55)
 宮の森日記●市電フェスティバルの準備 (2019-09-03 23:55)
 宮の森日記●残暑 (2019-09-02 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●雲の上