さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年11月18日

宮の森日記●釧路湿原の廃線跡


 かつての簡易軌道、鶴居村営軌道の廃線跡を歩いてきました。
 遊歩道として整備されている区間のうち、釧路湿原の西側、温根内ビジターセンターのあたりは3月に訪れた時にも少しだけ歩きましたが、そこから更に釧路市湿原展望台まで歩き通すのは実に20年ぶり位です。
 ふと足元を見ると、細長い窪みが一定間隔で延々と続いていて、「あぁ、これが本当に枕木をはがした跡なんだ!」とちょっと感動してしまいます。


 温根内から湿原展望台まで約5キロ…。
 20年前に見た風景はなんとなく覚えてはいたのですが、こんなに遠いということだけはすっかり忘れていました。
 しかも途中、廃線跡から分かれて展望台に至る木道がかなり激しく損傷していて、歩くのがちょっと恐ろしい位でした。
 天気が悪い日や、足元が凍結している季節にはちょっと無理かな?という感じです。

 ゴソゴソッ!…と草むらが動いて野生動物が出てきました。
 エゾシカで良かったです。


 最近は道東方面ももっぱら飛行機利用ですが、大抵は往路がHAC丘珠~釧路便、復路は東京出張と絡めて女満別から羽田に飛んでしまうパターンが常なので、釧路発のHAC丘珠便に乗るのは実は初めてです。
 すっかり乗り慣れた路線でも、今回は逆方向だと思うとちょっとワクワクしてしまいます。


 もう少し日が長い季節のほうが良かったかな?とも思いましたが、日没後のこんな景色も趣があって悪くありません。
 とにかく同じ区間でも何度も乗って、そのたびに違うさまざまな風景を見ておくことが大切なんでしょうね。
 今度はまた違う季節にもぜひ訪れてみたいと思っています。


----おしらせ----
【作品掲載】イオンの2019年亥年年賀状 ご注文受付中!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●再チャレンジ
宮の森日記●再びエゾリス
宮の森日記●エゾリス
宮の森日記●えちてつ物語
宮の森日記●INFOBAR xv
宮の森日記●本州みたいな雪
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●再チャレンジ (2018-12-04 23:55)
 宮の森日記●再びエゾリス (2018-12-03 23:55)
 宮の森日記●エゾリス (2018-12-02 23:55)
 宮の森日記●えちてつ物語 (2018-12-01 23:55)
 宮の森日記●INFOBAR xv (2018-11-30 23:55)
 宮の森日記●本州みたいな雪 (2018-11-29 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●釧路湿原の廃線跡