さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年05月29日

宮の森日記●「私と街とふくてつと。」


 ただ単に絵が描ける人に描かせたのではなくて、その描き手が携わる必然性、ストーリー性があってこそ…。
 技術云々という以上に、こういうお仕事では題材との関わり方、距離感こそが大切なんだと思います。

 先の福井滞在中、お隣の福井鉄道さんが配布されているという沿線ガイドを頂きました。
 駅や電車、沿線のお店などがソフトな色鉛筆画で綴られた可愛らしい冊子です。
 私にこの冊子を下さった方の話によると、絵の得意な社員さんが描かれたらしい…とのこと。
 勿論、私の絵とは作風は全く異なりますが、「題材との距離感」という点ではこれ以上の方はおられないでしょう。
 もし私が福鉄さんを描かせて頂いたとしても、到底こういうものは描けないだろうと思いますし、逆に私自身はえち鉄さんとのお仕事の中で、こういう域を目指していかねばならないのかな?…などと考えさせられました。
 どんな方がお描きになったのか、いつかお目にかかってみたいものです。


----おしらせ----
【作品展示】4/22~6/4福井県立歴史博物館内「ときめぐる、カフヱー。」>>詳細はこちら
【作品掲載】郵趣サービス社・特殊切手「鉄道シリーズ第4集」初日カバー用カシェ>>詳細はこちら
【新商品】ポストカード「空の絵日記」シリーズ発売!※通信販売でも購入できます>>詳細はこちら
【著書】『「北斗星」乗車456回の記録』小学館新書より発売中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com




同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●フラワーカーペット
宮の森日記●診断結果
宮の森日記●恐怖のドライブ・雨の夜編
宮の森日記●締切間際
宮の森日記●執筆中
宮の森日記●下描き中
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●フラワーカーペット (2017-06-23 23:55)
 宮の森日記●診断結果 (2017-06-22 23:55)
 宮の森日記●恐怖のドライブ・雨の夜編 (2017-06-21 23:55)
 宮の森日記●締切間際 (2017-06-20 23:55)
 宮の森日記●執筆中 (2017-06-19 23:55)
 宮の森日記●下描き中 (2017-06-18 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●「私と街とふくてつと。」