さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2017年03月27日

宮の森日記【出張編】●3/27(月)えちぜん鉄道

宮の森日記【出張編】●3/27(月)えちぜん鉄道
 原画展は終わりましたが、せっかく福井まで来たからには自分の取材もしていかないと…。
 今日一日、えちぜん鉄道沿線を歩き回って春の風景を探してみることにします。

宮の森日記【出張編】●3/27(月)えちぜん鉄道
 午前中は三国芦原線で新型低床車両「ki-bo」を追いかけて、午後からは勝山永平寺線方面へ。
 終点・勝山駅の裏手の山に少しだけ登ってみたら、瓦屋根の街並の向こうに残雪の山々と恐竜博物館が見えました。
 手前の駐車場がちょっとうるさい感じですが、工夫次第では面白い絵になりそうです。

宮の森日記【出張編】●3/27(月)えちぜん鉄道
 この場所から、こんな綺麗に山が見えるとは今まで気付きませんでした。
 まさに灯台下暗し…。
 とりわけこういう遠景の山々は、季節や時間、天候によっても見え方がまるで違ってしまいますから、とにかく何度も足を運んで、さまざまな条件下で眺めてみないといけませんね。

宮の森日記【出張編】●3/27(月)えちぜん鉄道
 「ネタ切れになりませんか?」と原画展のお客様からも訊ねられましたが、とんでもない、まだまだ描き切れていない風景が一杯です。
 その上、駅や電車の姿なども訪れるたびに何かしら変わっていくものですから、題材が尽きることなどまずないでしょう。
 「追いかければ追いかけるほど、師匠の背中が遠くなってしまう…」と言っていたのは、連続テレビ小説「ちりとてちん」の主人公、落語家修行中の徒然亭若狭だったか、それとも兄弟子の徒然亭草々だったか…?
 いずれにせよ、私にとっての福井でのお仕事も、ある意味そんな感じかも知れませんね。


----おしらせ----
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2017冬号2/25より発売!>>詳細はこちら
【作品掲載】郵趣サービス社・特殊切手「鉄道シリーズ第4集」初日カバー用カシェ>>詳細はこちら
【作品掲載】2017年版『えちぜん鉄道カレンダー』発売中!>>詳細はこちら
【新商品】ポストカード「空の絵日記」シリーズ発売!※通信販売でも購入できます>>詳細はこちら
【著書】『「北斗星」乗車456回の記録』小学館新書より発売中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●函館から東京へ
宮の森日記●嵐を避けたら欠航に!?
宮の森日記●初夏の陽気
宮の森日記●三吉神社例大祭
宮の森日記●大通公園
宮の森日記●今日はエゾリス
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●函館から東京へ (2019-05-18 23:55)
 宮の森日記●嵐を避けたら欠航に!? (2019-05-17 23:55)
 宮の森日記●初夏の陽気 (2019-05-16 23:55)
 宮の森日記●三吉神社例大祭 (2019-05-15 23:55)
 宮の森日記●大通公園 (2019-05-14 23:55)
 宮の森日記●今日はエゾリス (2019-05-13 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●3/27(月)えちぜん鉄道