さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2015年09月19日

宮の森日記●リスクを負う、ということ


 面倒なことを放棄して、自分にとって一番楽で都合が良いことを「不変の真理」のように言いくるめる風潮にはどうしても馴染めません。

 例えば、「自分が楽しんで描けば見る人も楽しいはず…」などというのは、余程の才能とバランス感覚を持ち合わせた人だからこそ言えることであって、並の人間が只々楽しんで描いたのでは、確かに微笑ましくはあってもそれ以上のものには成り得ないんじゃないかと思います。
 そもそも見る人が絵の中の何を見て、何を感じて「楽しい」と思うのか?
 その過程をひとつひとつ突き詰めて考えてみないことには、他人様を「楽しませる」なんてことはそう簡単にできるものじゃありません。
 そして、そんな風に真面目に考えていくと、「自分が楽しめば…」などと言ってはいられない壁に必ず突き当たるような気がします。
 勿論、個人の趣味であればまずは御自身が楽しんで描かれることが何よりですし、逆に仕事であれば、楽しむ以前にそれ相応のリスクを負うのは当然のこと。
 ただ、「自分が楽しめば見る人も…」という、根拠のない妄信だけは厳に慎まねばと思っています。

 真摯に向き合い、考え抜いて、そして負うべきリスクはきちんと負うこと。
 絵に限らず、どんな場面でも一番大切なことだと思います。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2015夏号7/25より発売!>>詳細はこちら
【新刊】マイナビ『ありがとう!北斗星&夜行列車』 7/10より発売!>>詳細はこちら
【著書】『「北斗星」乗車456回の記録』小学館新書より発売中!>>詳細はこちら
【作品掲載】NEKO MOOK 『さらば!北の大地の寝台列車』発売中!>>詳細はこちら
【作品掲載】小学館SJムック『とっておき寝台列車の旅』発売中! >>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記]



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室
新しいフィールド
宮の森日記●関ヶ原
宮の森日記●色鉛筆の芯の先の…。
宮の森日記●スタンプラリー
宮の森日記●ドーナツ
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室 (2017-10-14 23:55)
 新しいフィールド (2017-10-13 23:55)
 宮の森日記●関ヶ原 (2017-10-12 23:55)
 宮の森日記●色鉛筆の芯の先の…。 (2017-10-11 23:55)
 宮の森日記●スタンプラリー (2017-10-08 23:55)
 宮の森日記●ドーナツ (2017-10-07 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●リスクを負う、ということ