さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~ › 宮の森日記〜日々の出来事〜 › 宮の森日記【出張編】●7/29(火)452回目の「北斗星」

2014年07月29日

宮の森日記【出張編】●7/29(火)452回目の「北斗星」


 昨晩、仙台から「北斗星」に乗った時には深夜1時を回っていました。
 八戸手前で目が覚めて、青森到着は5時50分過ぎ。
 いつもは青函トンネル手前ですれ違う上り急行「はまなす」は既に到着済みで、ホームを挟んだ向こう側に切り離された機関車が停まっているのが見えました。


 これだけ大幅に遅れていても、食堂車のモーニングタイムは通常通り6時半から始まりました。
 いつもならそろそろ函館に着く頃ですが、今朝はまだ津軽海峡の青森側。
 アテンダントさんが注文を取りに各テーブルを回る頃、北海道新幹線との合流地点、真新しい高架橋が車窓に見えてきました。


 2時間近い遅延で函館に到着すると、丁度ホームの反対側では「SL函館大沼号」が発車を待っているところでした。
 今年限りでの運行休止が報道されている同列車、勿論通常ダイヤでは「北斗星」と並ぶことはまずありません。
 人身事故による遅延とあっては素直に喜ぶことはできませんが、ともあれ今回限りの貴重な記録にはなりました。


 ようやく札幌に着いてホームの時計を見上げると1時間57分遅延…。
 あと3分で払戻しという、笑ってしまうような到着時刻です。
 とは言えこれだけの乗車人数×特急料金を考えると、JRさんにしてみれば9裏満塁、サヨナラ負けのピンチをどうにか無失点で凌いだような安堵感でしょうか?

 さすがにこの程度の遅延では食堂車のランチ営業はありません。
 時間も時間なので改札内の蕎麦屋さんでおろし蕎麦を頂いて(福井のとは随分趣が違いました!)、再びホームに戻ってみると大阪行きの「トワイライトエクスプレス」がちょうど入ってきました。


----おしらせ----
【作品掲載】小学館SJムック「とっておき寝台列車の旅」6/19発売! >>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記] 



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●未知の場所
宮の森日記●恐怖のドライブ・冬道編
宮の森日記●ホワイトイルミネーション準備中
宮の森日記●急遽、丘珠空港へ
宮の森日記●45歳の誕生日
宮の森日記●真逆の状況
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●未知の場所 (2017-11-20 23:55)
 宮の森日記●恐怖のドライブ・冬道編 (2017-11-18 23:55)
 宮の森日記●ホワイトイルミネーション準備中 (2017-11-17 23:55)
 宮の森日記●急遽、丘珠空港へ (2017-11-16 23:55)
 宮の森日記●45歳の誕生日 (2017-11-15 23:55)
 宮の森日記●真逆の状況 (2017-11-14 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●7/29(火)452回目の「北斗星」