さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2014年05月30日

宮の森日記●スパイダーマン


 封切りから随分経ってしまいましたが、「アメイジング・スパイダーマン2」を観に行ってきました。
 これほど激しく飛び回るキャラクターはまさに3D向けでしょうか?

 前作でも、その前のシリーズでもそうでしたが、やっぱりスパイダーマンの魅力と言えば「敵役」の存在感でしょう。
 どんなに凶暴な敵であっても、そこに至ってしまう背景がある…単なる悪者、怪物ではない、哀しさや同情を誘うような描写はいつも心に残ります。
 子供の頃に見たものなので記憶もいささか曖昧ですが、今思えば昔の「西遊記」の妖怪たちもそんな感じだったかな?という気がします。
 一方で、以前に観た「社会派」のとある長編作品では、主人公の苦労や心情はこれでもかとばかりに語られる反面、何の掘り下げもなく単なる「悪人」としか描かれていなかった敵役の描写が妙に白々しく、まるで感情移入できぬままに終わってしまったのを思い出します。

 ウチのカミサンは「勧善懲悪」を「完全超悪(=悪い奴はとことん悪い!)」だと思い込んでいたそうですが(笑)、1時間ものの娯楽時代劇ならともかく(それはそれで結構好きなんですが…)、心に触れるものというのはそういう○×的な単純なものではないのでしょう。
 映画やドラマに限らず、現実世界でも…。
 特に立場や価値観を異にする人々に接する時など、無意識のうちに「完全超悪」の視点に陥らぬよう、私自身も気を付けねばと少し真面目に考えさせられました。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊「スロウ」2014春号発売中!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)
【作品掲載】「旅行読売」臨時増刊「いつか夜汽車で」発売中! >>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記] 




同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記【出張編】●5/23(火)福井県立歴史博物館
宮の森日記【出張編】●5/22(月)ひと月半ぶりの福井へ
宮の森日記●飛行機シャツ♪
宮の森日記●新しいご依頼
宮の森日記●恐怖のドライブ・丘珠編
宮の森日記●NHK文化センター
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記【出張編】●5/23(火)福井県立歴史博物館 (2017-05-28 10:00)
 宮の森日記【出張編】●5/22(月)ひと月半ぶりの福井へ (2017-05-27 02:31)
 宮の森日記●飛行機シャツ♪ (2017-05-20 23:55)
 宮の森日記●新しいご依頼 (2017-05-19 23:55)
 宮の森日記●恐怖のドライブ・丘珠編 (2017-05-18 23:55)
 宮の森日記●NHK文化センター (2017-05-17 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●スパイダーマン