さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~ › 宮の森日記〜日々の出来事〜 › 宮の森日記【出張編】●10/28(月)秋の釧網本線

2013年10月28日

宮の森日記【出張編】●10/28(月)秋の釧網本線


 6時6分の釧網本線で釧路発。
 一本逃すと次は9時過ぎですから、ちょっと無理してでも早起きしなければなりません。
 車窓はすっかり秋一色、すれ違う列車も紅葉色です。


 久々に訪れた川湯温泉駅、このあたりも紅葉が良い感じになっていました。
 開店準備中の「オーチャードグラス」さんに軽く挨拶してから、しばらく駅のまわりを歩き回ってみました。
 十数年来、何十回も訪れてよく分かっているつもりでいても、まだまだ気付いていなかった素敵な風景が結構あるものですね。


 「いや~見せたかったわ!」とオーチャードのマスターがしきりに推していた来週11月3日(日)のイベント。
 「矢沢が来る…」じゃなくて「矢沢を歌う…」というのが微妙ですが(笑)、マスターはまるで街おこしに躍起になる「あまちゃん」の大向駅長よろしく、馬鹿馬鹿しいことを大真面目にやるんだとすっかり意気込んでいる様子でした。
 ちなみにマスター自身はあくまで実行委員長?でステージには立たないようですが、カウンターの片隅には誰かが練習し過ぎて壊してしまった!?白いマイクスタンドがポツンと立てられていました。


 遅めの朝食にハヤシライスを頂いて、10時36分の快速「しれとこ」で北浜駅へ。
 本当はもう少しゆっくりしたかったのですが、これを逃すと今日じゅうに札幌に戻ることができなくなってしまいます。
 北浜到着11時51分、濤沸湖には既に白鳥の姿がありました。


 迷った末に「停車場」さんでは今回はオホーツクラーメンを頂いて、コーヒーも何杯か頂いて、時々外で写真を撮りながら夕方までゆっくり過ごさせて頂きました。
 16時57分、札幌に戻る最終特急に接続する網走行きが来る頃には外はすっかり薄暗くなっていました。
 恥ずかしながら、ここから漁火がこんなに綺麗に見えるというのも通い続けて十数年目にして今回初めての発見です。


----おしらせ----
【作品掲載】日本の美を伝える和風年賀状素材集「和の趣」午年版>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)
【作品掲載】福音館書店の月刊絵本「ちいさなかがくのとも」10月初旬発売!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記]



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●ふた月半ぶりの福井
宮の森日記●今回も最前列席
宮の森日記●準備完了
宮の森日記●初めての「hitaru」
宮の森日記●秋の函館
宮の森日記●HACに乗って函館へ
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●ふた月半ぶりの福井 (2018-10-19 23:55)
 宮の森日記●今回も最前列席 (2018-10-18 23:55)
 宮の森日記●準備完了 (2018-10-17 23:55)
 宮の森日記●初めての「hitaru」 (2018-10-16 23:55)
 宮の森日記●秋の函館 (2018-10-15 23:55)
 宮の森日記●HACに乗って函館へ (2018-10-14 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●10/28(月)秋の釧網本線