さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2013年09月05日

宮の森日記●参考資料


 「えちぜん鉄道展」でご一緒させて頂いたプロモデラーさんが面白い話をされていました。
 曰く、とある鉄道模型製品(※写真とは関係ありませんので念の為)にあまりに不自然な表現があったのでメーカーに問い合わせたところ、「同業他社の製品に合わせました」との回答が返ってきたとの事。
 なるほど、コピーのコピーではどんどん実物の印象から遠ざかってしまうわけです。

 「写真を見ながら絵を描くのですか?」と質問されることもよくあるのですが、多分それと同じことなんだろうと思います。
 現地を取材し、実物をよく理解した上で、あくまで確認の為に見るのであれば写真は実に有効な資料になりますし、場合によってはおおまかな立体感などを掴むために模型なども参考にすることもありますが、レンズを介することで変わってしまう印象や、模型化に際してのデフォルメなどをきちんと差し引かないと、結果として実物とは似ても似つかぬものが出来上がってしまいます。
 結局はモチーフに対するイメージと、それを自分でどういう作品として纏めていきたいのか?
 そもそもモチーフをどれだけ深く理解できているのか?
 当たり前と言えば当たり前ですが、そのあたりがきちんと整理できているかどうかに係っているような気がします。


----おしらせ----
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター10月期受講生募集中!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)
【作品掲載】季刊「スロウ」2013夏号発売中!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記]



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●ふた月半ぶりの福井
宮の森日記●今回も最前列席
宮の森日記●準備完了
宮の森日記●初めての「hitaru」
宮の森日記●秋の函館
宮の森日記●HACに乗って函館へ
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●ふた月半ぶりの福井 (2018-10-19 23:55)
 宮の森日記●今回も最前列席 (2018-10-18 23:55)
 宮の森日記●準備完了 (2018-10-17 23:55)
 宮の森日記●初めての「hitaru」 (2018-10-16 23:55)
 宮の森日記●秋の函館 (2018-10-15 23:55)
 宮の森日記●HACに乗って函館へ (2018-10-14 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●参考資料