さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2012年06月30日

宮の森日記【出張編】●6/30(土)由利高原鉄道

宮の森日記【出張編】●6/30(土)由利高原鉄道
 寝台特急「あけぼの」は羽越本線・鶴岡あたりで日の出を迎えました。
 車窓には庄内平野と鳥海山…でしょうか?
 そういえば前回、十数年前に乗った時には今とは違って小牛田~新庄経由だった記憶がありますから、この風景を眺めるのも多分今回が初めてです。

宮の森日記【出張編】●6/30(土)由利高原鉄道
宮の森日記【出張編】●6/30(土)由利高原鉄道
 羽後本荘で「あけぼの」を降りて、由利高原鉄道に乗り換えて終点・矢島まで途中下車しながらの沿線取材。
 最近色々なところで名前を訊くようになり、一度は訪れてみたいと思っていたのですが、噂に違わず実に楽しいローカル線でした。
 何と言っても「鳥海山ろく線」という路線名が示す通り、車窓に見える鳥海山の眺めは大きな魅力。
 これで山が見えないと印象もまるで違ってしまいそうですから、梅雨時にもかかわらず見事晴れてくれた幸運に感謝するばかりです。

宮の森日記【出張編】●6/30(土)由利高原鉄道
 もう少しゆっくりしていきたかったのですが、旅程の都合もあってお昼前の列車で羽後本荘を後に。
 特急列車で秋田に出て、秋田新幹線に乗り換えて盛岡へ。
 こういうルートでの人の流れはさほど多くはないのでしょうか?
 接続の便はあまり良いとは言い難いようで、秋田駅では1時間近くの待ち時間です。

宮の森日記【出張編】●6/30(土)由利高原鉄道
 盛岡で東北新幹線に乗り換えて八戸へ。
 ここでもまた40分以上の待ち時間です。
 東京方面行きと比べると、やはりここから青森方面に乗り換える需要は多くはないのかも知れません。
 車中でお弁当を食べてしまったばかりですが、せっかくなので久々に盛岡冷麺など…。

 八戸に着いたら一日ぶりにカミサンと合流、今夜は向こうの実家泊です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.31/2012春号発売中! >>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記]



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●市電フェスティバルからの本州行き
宮の森日記●あれから1年
宮の森日記●上京予定
宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室
宮の森日記●市電フェスティバルの準備
宮の森日記●残暑
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●市電フェスティバルからの本州行き (2019-09-07 23:55)
 宮の森日記●あれから1年 (2019-09-06 23:55)
 宮の森日記●上京予定 (2019-09-05 23:55)
 宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室 (2019-09-04 23:55)
 宮の森日記●市電フェスティバルの準備 (2019-09-03 23:55)
 宮の森日記●残暑 (2019-09-02 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●6/30(土)由利高原鉄道