さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~

2018年03月12日

宮の森日記●今回も最前列


 大事なお仕事と、ちょっとした私用と、どちらともつかない用件と、色々兼ねて約2週間ぶりの東京行きです。
 今回はいつものエア・ドゥB737、先月に続いて最前列窓側・1F席を取ってしまいました。
 本当は乗り降りの際に通路が混み合う前方席よりも、後方席にのんびり座っていくほうが好みなのですが、たまには翼に遮られない広い眺めを存分に楽しんでいこうと思います。


 そろそろ本州上空かな?と目を凝らすと、ちょうど冠雪の岩手山が見えてきました。
 ちょっと雲が多めでしたが、それでも要所要所で良い具合に途切れてくれたのは幸いでした。


 福島、郡山を過ぎた頃、ふと見覚えのある山並みに気付いて「もしや!?」と思ったら案の定、いつも上り「北斗星」の車窓に眺めていた那須岳でした。
 ちょうど白河市あたりの上空です。
 後で写真を拡大してみたら、白河駅に白河小峰城、新幹線の新白河駅、それに福島・栃木県境の有名な黒川橋梁らしき影も見つけることができました。
 奇しくも明日は「北斗星」運行開始30周年の節目。
 こんな風景の中を走っていたんだなぁ…と思うと感慨もひとしおです。


 そういえば1年前の今日もこの同じ便に乗って、やはり沖止め・ランプバス移動で、しかもこの同じスポットに「ベア・ドゥ北海道JET」が停まっていたのを思い出します。
 おかげさまで今回も楽しい空の旅になりました。
 こういう印象のひとつひとつをしっかり作品に描けるよう、これからもっと頑張らないといけませんね。


 本題の予定は明日以降なので、今日は久しぶりに城南島海浜公園に行ってみることにしました。
 さすがは羽田空港、大きな飛行機がひっきりなしに現れるので、夢中で撮っているといくら時間があっても足りない位です。

 暖かくなると訊いていた今日の東京ですが、夕方になるとやっぱり風がまだ冷たく感じられました。
 いつものことですが、この時期の本州行きは着るものに悩みます。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2018冬号2/25より発売!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月11日

宮の森日記●震災7年


 日頃からきちんと心を寄せている人ほど、その物事や人々について軽々しく語ることは慎むものかも知れません。
 むしろそうでない人のほうが、雄弁に、声高に語ろうとしているように見えてしまうこともあります。
 被災地や被災者、更には犠牲者の方々の想いを勝手に代弁して、己の政治主張を広めようとする人々を見るたびに暗澹たる気分になりますし、せめて自分はそういう声からはきちんと距離を置き、静かに思いを致すようにしなければと思います。

 東日本大震災から7年。
 もちろん同列には語れませんが、「北斗星」定期運行終了からも今週でもう3年…。
 「ファイターズ開幕!」の旗が街じゅうに掲げられる季節になると、あの時の空気を今でも鮮明に思い出してしまいます。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2018冬号2/25より発売!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月10日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


 水彩色鉛筆画の描き方といっても、きちんと覚えて頂くべき「技術」はほんのひと握りで、あとはちょっとした筆圧とか、水加減とか、あるいは混色の具合とか、そういう「感覚」の部分での勝負になってくるように思います。
 とりわけ受講歴が長い生徒さんに対しては、何か特別なテクニックをお教えするというよりも、「描き方自体はOKなので、あとは濃淡を…」とか、「ほんの少し〇〇色を加えたら…」とか、微調整レベルのアドバイスをさせて頂くことが次第に多くなっていくものですが、それでも皆さん飽きずに長く続けて下さっているので、当面はこういう形の指導を続けていこうかと思っています。

 水曜クラスは3日前が今期最終回でしたが、土曜クラスは今日も含めてあと2回。
 お引っ越しなどで今期限りで終了される方、4月期も継続して下さる方、皆さんそれぞれのお話を伺いながら、さて残りの時間をどう楽しんで頂くか、あるいはこの先どのような指導をさせて頂いたら良いものかと、講師である私も色々と考えてしまいます。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2018冬号2/25より発売!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月09日

宮の森日記●支払調書


 いくら探しても見つからなくて半ば諦めていた支払調書が一枚、思いがけぬところから出てきました。
 結構大きな額の源泉徴収の証拠だったので、ともかく見つかってやれやれです。
 年に一度の確定申告、来年こそは早め早めに抜かりなく準備しておかねば!…と、毎年同じ反省を繰り返してしまうのは自営業者さんならきっと誰しも一緒ですよね?(笑)



----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2018冬号2/25より発売!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月09日

【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 受講生募集



 昨年10月から始まったNHK文化センター札幌教室の水彩色鉛筆画講座。
 現在、平成30(2018)年4月~9月期(6ヶ月全6回)の受講生募集中です。
 人数に限りがございますので、受講ご希望の方はお早めにご検討の上、教室事務局までお申し込み下さい。

 なお、これとは別にNHK文化センター新さっぽろ教室でも水彩色鉛筆画講座を開催しております。(※>>こちらをご参照下さい
 所在地、日程のほか、講座内容・回数などもそれぞれの教室で異なりますので、受講ご検討中の方は比較検討の上、どうぞご都合に合わせてお選び下さい。

【NHK文化センター札幌教室】「鈴木周作の水彩色鉛筆で描く旅スケッチ」
■日 時 : 毎月第4木曜(※一部例外あり)10:00~12:00
  (6ヶ月全6回)
■教室所在地 : 〒060-0042 札幌市中央区大通西4丁目 道銀ビル12階
  (地下鉄大通駅直結)
■お申込み・お問合わせ : NHK文化センター札幌教室
 Tel. 011-222-5011
  教室URL http://www.nhk-cul.co.jp/school/sapporo/

※詳しい講座内容・日程等は講座案内ページ http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1132665.html をご参照下さい(万一リンク切れの場合はNHK文化センター(トップページ) http://www.nhk-cul.co.jp/ から教室名・講師名等で検索して下さい)。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com

  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:54お知らせ/お仕事

2018年03月09日

【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 受講生募集


 NHK文化センター新さっぽろ教室の水彩色鉛筆画講座。
 現在、平成30(2018)年4月~9月期(6ヶ月全10回)の受講生募集中です。
 各クラスとも人数に限りがございますので、受講ご希望の方はお早めにご検討の上、教室事務局までお申し込み下さい。

 なお、これとは別にNHK文化センター札幌教室でも水彩色鉛筆画講座を開催しております。(※>>こちらをご参照下さい
 所在地、日程のほか、講座内容・回数などもそれぞれの教室で異なりますので、受講ご検討中の方は比較検討の上、どうぞご都合に合わせてお選び下さい。

【NHK文化センター新さっぽろ教室】「はじめて描く水彩色鉛筆画」
■日 時 : 
 (水曜クラス)第1・3・5水曜 13:00~15:00 (6ヶ月全10回)
 (土曜クラス)第2・4土曜 10:00~12:00 (6ヶ月全10回)
■教室所在地 : 〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条6-3-1ホクノー新札幌ビル3階
 (JR新札幌/地下鉄新さっぽろ駅前)
■お申込み・お問合わせ : NHK文化センター新さっぽろ教室
 Tel. 011-801-3131
 教室URL http://www.nhk-cul.co.jp/school/shin_sapporo/

 ※詳しい講座内容・日程等は下記の講座案内ページをご参照下さい。
 (水曜クラス)http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_415962.html
 (土曜クラス)http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_415948.html
 (万一リンク切れの場合はNHK文化センター(トップページ) http://www.nhk-cul.co.jp/ から教室名・講師名等で検索して下さい)。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com

  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:49お知らせ/お仕事

2018年03月08日

宮の森日記●雨


 昨晩の「バイプレイヤーズ」最終回。
 撮影途中で急逝された大杉漣さんの穴をどうやって埋めるのだろう?…と、どうしてもそこに目が行ってしまう中で、漣さんがいなくなってしまったことを感じさせず、でも、漣さんの想い出ひとつひとつをしっかりと偲ぶような、本当に素晴らしいコメディドラマに仕上がっていたと思います。
 あまりにも早すぎますし、一ファンとしても残念でならないのですが…。
 でも、もしこのタイミング、この作品でなかったら、このメンバーに揃って看取られることもなかったんだな…と考えると、スピリチュアル的な世界に興味のない私でも、何かそういう不思議な巡り合わせのようなものを感じずにはいられません。
 漣さんにも、共演者・スタッフの皆さんにも、今はただ「ありがとうございました!」と心の中で手を合わせたい気持ちです。

 今日の札幌は本格的な雨になりました。
 まだまだ冬だと思っていたのに、もうすっかり季節が進んでしまったような気がします。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2018冬号2/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月07日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


 実は今期の講座では、飛行機に乗って道外から通ってきて下さった生徒さんがおられました。
 最初に訊いた時は私もちょっと驚きましたし、ご本人にとっても過大なご負担になってしまうのではないかと心配もしていたのですが、他の生徒さん達ともすっかり仲良くなられたご様子で、今日まで一度も休むことなく、楽しく参加し続けて頂けたのは幸いでした。

 絵の教室ならきっと地元にもたくさんあるはずなのに、「絵を習いたい」のではなく「鈴木に習いたい」と思って参加して下さったのだとしたら、講師としてこれほど嬉しいことはありません。
 と同時に、わざわざ飛行機に乗って来て頂くだけの価値ある指導ができているのだろうか?…とか、限られた時間の中で、的確に、効率良く練習して頂くにはどうしたら良いのだろうか?…とか、もちろん他の生徒さんを指導させて頂く時も全く同じことなんですが、講師としての自分自身の姿勢や技量についても日々考えさせられ続けました。
 何より、距離の壁などものともせず、本当にやりたいことに一生懸命取り組まれているご様子は、他の生徒さん達にもきっと良い刺激を与えて下さったものと感謝するばかりです。

 10~3月期の最終回である今回で一旦終了されるとのことでしたが、またご旅行などで北海道に来られることがあれば、「見学」と称していつでも覗きに来て頂けたらと思います。
 そろそろ雪解けの季節、なんだか卒業式みたいな雰囲気に包まれた今日の水彩色鉛筆画講座でした。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2018冬号2/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月07日

【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.54/2018冬号



 ご案内が遅くなってしまい申し訳ありません。
 イラストエッセイ「鈴木周作のさっぽろ市電日記」連載中の雑誌「northern style SLOW(スロウ)」(ソーゴー印刷(株)クナウマガジン発行)。
 最新号Vol.54/2018冬号が2月25日(日)発行になりました。
 今回は、かつてそこを走っていた市電苗穂線の「遺構」でもあったサッポロファクトリー前の古い歩道橋のお話を、半世紀近く前、苗穂線ありし頃の風景を描いた絵とともに紹介させて頂きました。
 あわせて、旧国鉄白糠線の廃線跡が見えたHAC(北海道エアシステム)丘珠~釧路便の機窓風景なども描かせて頂きました。

 お求めは道内主要書店、道外の一部書店等にて。
 スロウのHPからも購入できます。
 A4オールカラー190頁、定価905円(税込)/本体838円(税別)。
 http://www.n-slow.com




【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:06お知らせ/お仕事

2018年03月06日

宮の森日記●竹田恒泰さんの講演会


 明治天皇の玄孫、竹田恒泰さんの講演会があると訊いて、北海道神宮頓宮まで行ってきました。
 TV番組などではしばしば拝見していますが、約2時間、じっくりお話を聴いてみると、「なるほどなぁ…」と考えさせられることも多々あって良い勉強になりました。
 やっぱり人の話は断片的な言葉ではなく、きちんと全体を通して聴かないといけませんね。
 個人的には、とりわけオリンピックの「メダルは噛むな!」という話には全面的に賛成です(笑)。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月05日

宮の森日記●えちてつサポーターズクラブ


 「えちてつサポーターズクラブ」の更新案内を開いたら私の絵が載っていました!
 新年度版の会員証にも使って下さったみたいですね。
 運賃割引やポイントサービスなどの特典もあって、この会員証は利用者の皆さんが一年間ずっと持ち歩くものですから、そういう大切なところで採用して頂けるのは本当に嬉しいことです。
 「沿線利用者じゃないんですが、会員証が欲しいから申し込みます!」なんていう遠方からの問い合わせがあったら、私も社員さんもきっと感動するのですが…(笑)。
 ちなみに個人会員は年会費1,000円、お問合わせは「えちてつサポーターズクラブ事務局」まで。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月04日

宮の森日記●開幕間近


 気温が上がり、道路は雪解けですっかり水浸しになって、実はここまで来るだけでも結構大変でした。
 そういえば、そろそろ野球シーズンなんだよなぁ…と、どこか他人事のように思ってしまうのは、プレーそのものよりも球場移転問題のほうでちょっと気が削がれてしまったからでしょうか?
 確かに「ボールパーク構想」の理念は素晴らしいとは思いいますが、でも現実問題として、札幌の会社に勤める人が仕事帰りに「ちょっと北広島まで…」「真駒内まで…」ってなるかなぁ?と、会社に勤めてもいない私が言うのもなんですが、少し心配になってしまいます。
 どんなに遠くても、どんなに疲れていても毎試合球場にはせ参じるディープなファンもいれば、「じゃぁ、TV中継でいいワ!」ってなるファンもいる。
 どのあたりの層に目を向け、その意見に耳を傾けようとしているのだろう?…そもそも、こういう醒めた話をしてしまう私などはターゲットから外れてしまっているのかな?…などと考えてしまいます。

 野球に限らず、芸術や普段の仕事でも、あるいは政治の世界でも同じかも知れませんね。
 同じ温度で「そうだそうだ!」と応えてくれる層だけを見ていると、見えなくなってしまうものもある。
 もう少し突き放して、ネガティブな目で自分自身を見直すことも大切なのかな?と、自戒を込めて思っている次第です。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月03日

宮の森日記●真夜中の除雪車


 真夜中に重機の音が聴こえてくると、ついつい気になって窓の外を眺めてしまいます。
 こういう本格的な除雪作業も、今季はそろそろ見納めでしょうか?


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月02日

宮の森日記●南一条通のイルミネーション


 駅前通りのホワイトイルミネーションは「さっぽろ雪まつり」終了とともに終わってしまいましたが、南一条通は3月14日まで引き続き点灯中。
 でも、何だか季節に乗り遅れてしまったようで、眺めていてちょっと寂しくなる風景でもあります。
 いちばん綺麗な時に潔く消え去るか? それとも一日でも長く灯り続けるか?
 アスリートの「潮時」みたいなもので、一体どちらが良いのだろう?…と、時々ふと真面目に考え込んでしまいます。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年03月01日

宮の森日記●3月の大雪


 低気圧の通過で広い範囲で荒天予報。
 札幌でもかなり激しい雪が降り続いていましたが、一歩外に出てみると北海道らしからぬ湿った重い雪でした。
 積もり方も、電車や街路樹などの着雪の具合も、むしろ福井や富山あたりで見ているような印象でした。


 移転の為、今月で閉店となる南一条通の「東急ハンズ」前にササラ電車が現れました。
 毎冬、あたりまえのように眺めていたこんな風景もそろそろ見納めです。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜