さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~

2017年07月12日

宮の森日記●都内で打合せ


 いつもの食堂車レストラン「グランシャリオ」さんがお休みだったので、今日は同じ「ピュアヴィレッジなぐらの郷」の敷地内にあるお蕎麦屋さんのほうでランチを頂いてきました。
 古民家を改装したこちらのお店もなかなか良い雰囲気です。


 実は昨日の夕方前にも「グランシャリオ」さんに寄ってみたのですが、残念ながら臨時休業でした。
 今回はちょっと運がないようですね。
 明日、札幌に帰る前にもう一度リベンジしてみようかな?…と一瞬思いましたが、さすがにこの暑さでは心が折れました(笑)。


 午後から都内の出版社さんで打合せ。
 やっぱり直接お会いできると、お互い意思が伝わりやすいものです。
 目に見える形になるまで、まだしばらくは時間が掛かってしまいそうですが、焦らず気長に、でも着実に前に進めていければと思っています。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月11日

宮の森日記●梅雨晴れの東京へ


 本州は梅雨だというので機窓は全く期待していなかったのですが、予想に反して素晴らしい天気に恵まれました。
 鮮やかな緑に染まる関東平野がどこまでも広がっています。


 あっ、「成田エクスプレス」発見!
 地図と突き合せてみると、どうやら千葉県四街道市あたりのようです。
 このあと製鉄所が見える蘇我の上空から、東京湾を横切って羽田空港へと降りていきます。
 

 「沖止め」に当たると喜んでしまうのはやっぱり乗り物好きの性ですね(笑)。
 今回もまたランプバスの最前席をしっかり確保して、飛行機ウォッチングを楽しみながらターミナルビルに向かいます。
 第2ターミナルの北端、55番スポットにはちょうど「ベア・ドゥ北海道JET」の姿が…。


 せっかくなので、あの飛行機が離陸するまで見届けていくことにしました。
 さすがに東京の蒸し暑さは堪えますが、梅雨らしからぬ清々しい風景に出会えて大満足です♪


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月10日

宮の森日記●落書き


 上達したければまずは落書きから…。
 理屈では分かっていても、なかなか締切のない絵に時間を割けない現状は反省するしかありません。
 実を言えば、少し前から温めているアイディアもあるので、「遊び」というか「勉強」というか、こういう時間もしっかり作っていかねばと思っているところです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月09日

宮の森日記●花火


 来月、三国花火に合わせて福井取材に行こうと思ったのですが、近隣の宿が全然取れなくてあえなく断念…。
 まだひと月以上もあると思っていたら、すっかり出遅れてしまったようです。
 でも、考えてみれば三国花火は数年前に一度見ていますし、他の夏イベントに合わせて行ったほうが取材としては役に立つかも知れませんね。
 とりあえず、別日程でどうにか宿と飛行機が取れたので、そちらに賭けてみようかと思います。

 夕方、近所から花火の音が聴こえてきました。
 暗くなる前、黄昏時の花火というのも趣があって良いものですね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月08日

宮の森日記●丘珠キッチン


 午前中はNHK文化センター新さっぽろ教室の水彩色鉛筆画講座。
 今日はカミサンがクルマで迎えに来てくれたので、帰りにちょっと寄り道してきました。
 丘珠空港に着いてみるといつになく大勢の人で溢れていて、何事か!?…と思ったらちょうどFDA(フジドリームエアラインズ)の静岡便が来る時間帯だったんですね。
 いつも乗っているHAC(北海道エアシステム)のSAAB340Bが定員36名なのに対して、FDAのエンブラエル175は実に倍以上の84名!
 なるほど、道理でターミナルビルが混み合っているわけです(笑)。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月07日

宮の森日記●クラシックカーラリー


 「北海道クラシックカーラリー2017」の出発式を見に行ってきました。
 道庁前、北三条広場にズラリと並ぶクルマたちは見ているだけでも壮観ですが、それぞれのメーカーとか車種とか、予備知識があったらもっと楽しめたのかな?…などと。
 クルマの世界もなかなか奥が深そうですね。
 たまにはこういうのも描いてみたい気もしますが、でもその前にまずは飛行機をしっかり練習しないと…。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月06日

宮の森日記●中央バスターミナル


 ようやく描き終えた原画数点を印刷会社さんに届けに行ってきました。
 札幌市内ですが地下鉄駅のないエリアなので、路線図を睨んでバスで行くことに。
 ちょっとした旅気分でたまには面白いものですね。
 この中央バスターミナルから乗るのも結構久しぶりです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月05日

宮の森日記●NHK文化センター


 ちょうど私自身も山手線の最新型電車の描き方に悩んでいたところで、今日は生徒さんから東京スカイツリーの描き方を質問されてしまいました。
 どちらも見た目からしてちょっと特殊なので…(笑)。
 一般的な「電車の描き方」「ビルの描き方」みたいなアプローチとは全然違う発想が必要なのかも知れませんね。
 とりあえず、いつものように「正解」としてではなく、あくまでひとつの「アイディア」として、私なりに思いついたスカイツリーのあの繊細な骨格の描き方を実演させて頂きました。
 毎度のことですが、講師のお仕事って自分にとってもつくづく良い勉強です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月04日

宮の森日記●難題


 巷の技術が進んでいくと、今までの己の描法が通じなくなることがあります。
 とりわけ最先端のモノや風景を描く時には、色々と新たな工夫も必要になってきます。
 ともかく「実物がこうだから…」じゃなくて、あくまで絵として、いかに雰囲気を出せるかを真剣に考えないとダメなんでしょうね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月03日

宮の森日記●クジラ!?


 珍しいものが手に入ったからと、網走のほうでお世話になっている方がわざわざ送って下さいました。
 クジラの心臓!?…だそうです。
 レバーに似ている…と言われれば確かに似ているような気もしますが、やっぱりこれは御飯よりも、飲める方ならお酒のほうが合いそうな感じですね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月02日

宮の森日記●写真整理


 取材ではないプライベートな旅でも、やっぱりカメラを持っているとつい色々撮りためてしまうものです。
 上田電鉄の素朴な駅や真田の郷の風景など、機会があればちょっと描いてみたくなります。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月01日

宮の森日記●土砂降りの真田の郷


 そういえば上田城から逃げる徳川勢を溺れさせた神川での戦って、実は真田勢が築いた堰を切ったのではなくて、どうやら雨で増水するタイミングを見計らっていたらしい…という説を誰かが語っていたのを思い出します。
 いずれにせよ、中途半端な曇天よりは、むしろ本格的に降ってもらったほうが趣があって良いものです。
 今日はその神川の上流、真田の郷のほうに行ってみることにします。


 上田駅で突如始まった鎧武者たちの真田陣太鼓!


 陣太鼓に見入っていたら出発が遅くなってしまいました(笑)。
 上田駅前でクルマを借りて真田の郷へ…。
 雨に煙る坂道の向こうに見えてきた火の見櫓を眺めていたら、なぜか新婚旅行で訪れたオーストリア・チロル州の山奥、フェント村の教会の尖塔を思い出しました。


 雨はますます激しくなってきました。
 野外の史跡めぐりはまたの機会の楽しみということで、今回は「真田氏歴史館」をじっくりと見学していくことにします。


 その名も「佐助」さんという、古民家改装とおぼしき蕎麦屋さんで遅めの昼食。


 こんなところまで来てスマホをいじっているのも無粋だなぁ…などと思いつつも気になる気象情報などチェックしていると、大雨で北陸新幹線が一部運転見合わせとの報!? 
 乱れているのは金沢発着の「かがやき」「はくたか」で、今のところ長野からの「あさま」は動いているようですが、ともかく食事を終えたら早めに上田駅界隈に戻っておいた方が良いかも知れません。


 クルマの中でつけたラジオが土砂災害警戒情報を伝えていました。
 ちょうどいちばん激しい時に真田の郷を訪れていたようです。
 上田の市街地に戻る頃には、少し雨も弱まっていました。
 新幹線の状況を気にしつつ、昨日に続いて今日も上田城へ…。


 昨年の大河ドラマの記憶も新しいだけに、むしろこっちを見て「あっ本物だ!」と興奮してしまいました(笑)。
 最後に特別企画展「400年の時を経て甦る上田城」の会場を訪れて、草刈正雄さんの毛皮や堺雅人さんの甲冑、そしてこちらは正真正銘、戦で撃たれた銃弾の穴が残っている本物の当時の鎧などをじっくり眺めたら、予定よりも少し早めの新幹線で東京に向かうことにします。

 大変な空模様でしたが、それはそれで良い想い出…。
 でも今度はもう一度、天気が良い時にまた訪れないといけませんね。


 羽田から新千歳行きの最終便に乗って、やれやれ無事に札幌まで戻ってきたぞ!…と安堵したのも束の間、道内で強い地震があったとかで帰りの地下鉄が途中で停まってしまいました。
 胆振地方で震度5弱とか。
 結局、地下鉄は十数分ほど経ったところで徐行運転で動きだしましたが…。
 ともかく、各地で大きな被害が出ていないことを祈るばかりです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月30日

宮の森日記●プライベートで信州・上田へ


 飛行機と新幹線を乗り継いで、信州・上田にやってきました。
 カミサンと二人、今回は仕事抜きの夫婦旅です。


 明日は天気が崩れそうなので、今日のうちにまずは上田城から見ておくことにしました。
 こうして眺めると、昔はこのすぐ下を千曲川が流れていたというのがよく分かります。


 城跡にして廃線跡…。
 二の丸堀跡は一時期、電車の線路敷として利用されていたそうです。
 廃止から既に40年以上が過ぎた今でも、一目でそれと分かるプラットホームの跡が残されていました。


 「温泉行きの電車」って、なんか風情があっていいですね。
 上田電鉄に乗って終点・別所温泉へ。
 なかなか絵になりそうな駅舎の佇まいです。


 個人的にはこちらも気になります(笑)。


 こういう温泉宿に泊まるのも本当に久しぶりです。
 静かな良い雰囲気の温泉街でした。


 結構歩き回ったのでさすがに少し疲れましたが、今日一日、おかげさまで良い時間を過ごすことができました。
 明日は真田の郷に足を延ばしてみるつもりです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月29日

宮の森日記●出発前夜


 一緒に連れていくカミサンの為に旅程表を作っておきました。
 純粋に仕事抜きでの遠出は私にとっても久しぶりです。
 あとは予報が外れて、少しでも晴れてくれることを祈るばかりです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月28日

宮の森日記●新車!


 教科書を見るだけじゃダメ、漢字や英単語はノートに書かないと覚えないぞ!…と子供の頃に教えられた記憶がありますが、こういう工業製品のデザインなども、自分で絵に描いてみて初めて「なるほど!」と納得できるものなのかも知れません。
 初めて描いた話題の新型電車。
 ひとつひとつ確認しなければならないことばかりで、下描き段階でいつも以上に時間を要してしまいましたが、おかげで色々良い勉強になりました。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜