さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~

2017年11月06日

【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.53/2017秋号



 ご案内が遅くなってしまい申し訳ありません。
 イラストエッセイ「鈴木周作のさっぽろ市電日記」連載中の雑誌「northern style SLOW(スロウ)」(ソーゴー印刷(株)クナウマガジン発行)。
 最新号Vol.53/2017秋号が10月25日(水)発行になりました。
  今回は、札幌と函館のふたつの市電車庫を見下ろす北海道エアシステム(HAC)丘珠~函館便の機窓風景のお話を、電車通りから仰ぎ見る市電と飛行機を描いた絵とともに紹介させて頂きました。
 
 お求めは道内主要書店、道外の一部書店等にて。
 取扱店など詳しくはスロウのHPにてご確認下さい。
 (HPからも購入することができます)
 A4オールカラー190頁、定価905円(税込)/本体838円(税別)。

>>詳細はスロウのホームページをご参照下さい。 http://www.n-slow.com





【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 17:10お知らせ/お仕事

2017年11月05日

宮の森日記●ハンバーガー


 上京予定を今日に合わせたらエアフォースワンが見られるかも?…と一瞬考えてしまったのですが、実は羽田じゃなくて横田基地のほうだったんですね。
 安倍総理がトランプ大統領をハンバーガーのワーキングランチで迎えたと訊いて、いささか庶民的ですが我が家も今日はモスバーガーです。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月04日

宮の森日記●休養日


 先月下旬までの少々ハードなお仕事と、その後の遠出の疲れが今頃になって出てきたようです。
 とりあえず、今週末はリハビリ期間ということで…。
 少し身体を休めつつ、しばらく滞ってしまった身の回りの諸々の作業を片付けておこうと思います。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月03日

宮の森日記●黄色いハスラー


 マイカーを持たない我が家ではクルマ利用はいつもカーシェア。
 今日はたまたま黄色いハスラーが空いていました。
 特に出掛ける用事もなかったのですが、せっかくなので市内のカフェまでランチに出掛けることにしました。
 人気店だけにクルマの出入りも多く、カミサンが駐車場でちょっと焦っていたのは内緒です(笑)。


 厚切りベーコンのランチセット。
 柔らかなパンケーキが美味しくて、思った以上にお腹一杯です♪


 予報に反して少し陽射しも出てきたので、久しぶりに百合が原公園にも行ってみました。
 結局、公園に着く頃には小雨も降り出してしまいましたが、この季節の寂寥感もなかなか絵になりそうな感じです。
 でも来年こそは紅葉真っ盛りの頃に訪れないと…。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月02日

宮の森日記●日帰りで「北斗星広場」へ


 丘珠空港に着くと、来る冬に備えて除雪部隊が訓練を始めていました。
 今日は日帰りで函館方面に行ってきます。


 しばらく前から天気予報を睨んで、今回も機窓風景を狙って飛行機利用にしたのですが…。
 予報通り晴れてはくれたものの、山々が霞んでしまったのはちょっと想定外でした。
 でも、この霞んだ感じをうまく表現できれば面白い絵にもできるかな?…などと。
 とにかく飛行機は運次第ですから、一喜一憂することなく、いま目の前にある風景を素直に受け容れモノにしていくしかないのでしょうね。


 上空からの紅葉は残念ながらあまり見られませんでしたが、函館の電車通りの紅葉は想像以上の収穫でした。


 約2か月ぶりに訪れた北斗市茂辺地の「北斗星広場」。
 紅葉はもうだいぶ散ってしまったようですが、晩秋らしい穏やかな風景が広がっていました。

 徐々に痛みが進みつつあった客車たちも、雪の季節を前にまずは屋根の塗装が塗り直され、次はいよいよ車体の再塗装に向けての動きが始まるようです。
 実は季刊「スロウ」最新号(Vol.53/2017年秋号)の私のページでも紹介させて頂いたのですが、その数百万円ほどと見込まれる塗装費用に充てるべく、私のイラストを使ったグッズを販売して頂く計画を保存会の方々との間で進めています。
 具体的になりましたらまた改めてご報告させて頂きたいと思いますので、その際はぜひお力添え頂ければ幸いです。


 帰る頃にはすっかり暗くなってしまいました。
 なんとなく見覚えのある函館湾の夜景を眺めつつ、道南いさりび鉄道で函館に戻ります。


 本当は1泊して明日の飛行機で帰るつもりでしたが、天気が優れないようなので今夜のうちに列車で札幌に帰ることにしました。
 もちろん、決して欠航になるような荒天ではなさそうですが、機窓風景が眺められないならもったいない…ということで(笑)。
 意外にも…というべきか、これが今年初めての道内特急列車です。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年11月01日

宮の森日記●ラストフライト


 HAC(北海道エアシステム)の旧塗装、1機だけ残っていた緑色の飛行機がとうとう今日でラストフライト。
 丘珠では惜別イベントも催されていたそうですが、絵画教室の日程と重なっていて観に行けなかったのがつくづく残念です。
 あの飛行機の姿もしっかり描き残しておかないと…。

 教室を終えてから、いつものラーメン屋さんで遅めの昼食。
 今日はやっぱり飛行機の見える席を選んでしまいました(笑)。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月31日

宮の森日記●飛行機ざんまい


 先月、地元の友達にクルマで連れて行ってもらった城南島海浜公園。
 今回は一人でバスに乗って行ってみることにしました。
 JR大森駅から京急バスで約30分。
 本数がもう少し多ければ…という感もありますが、思いのほか便の良い場所です。

 さすが大空港だけに、ひっきりなしに飛行機が現れるので飽きることがありませんが、やっぱり狙い通りにカメラに収めるのは私の腕ではまだまだ難しいようです。
 離陸していく動線の読み方とか、大きさの感覚とか、もう少し修行が必要ですね。


 あ、ベア・ドゥ北海道JET!
 でも真下すぎてよく分かりませんね(笑)。


 夢中で飛行機を狙っているうちに少々長居しすぎてしまいました。
 帰りのバスを1本逃すと搭乗便ギリギリになってしまうので、内心ちょっと冷や汗ものです。
 京急バスで流通センターまで戻って、モノレールで羽田空港へ。
 途中、車窓からはカンタス航空のジャンボが停まっているのが見えました。


 搭乗前にいつものレストランで腹ごしらえ。
 お昼時よりも早く着いたので今日は割と空いていました。


 今回も機窓風景を見ておきたくて昼の便を選びました。
 前夜の最終便で帰れば宿代が浮くのに…と考えると少しもったいない気もしますが、こうして見た風景が今後の創作に活かせるなら決して無駄ではないでしょう。
 本音を言えば、もう少し晴れてくれたらもっと良かったのですが…。


 本当は先日訪れた長沼町を空から眺めてみたかったのですが、残念ながら今日は着陸の方向が逆になり、苫小牧からそのまま新千歳に向かって降りていってしまいました。
 でも、この季節、こちらのルートだからこその風景もあるわけですから、それも含めて運次第と思って素直に受け容れてしまったほうが良いのでしょう。
 いささか霞み気味でしたが、終わりかけの紅葉の落ち着いた色彩と、傾きかけた陽射しに輝く湖面の美しさが印象的でした。


 飛行機に関しては、乗るほうでも描くほうでもまだまだ素人同然。
 場数を踏んで、もっと色々なことを身につけていくしかないでしょう。
 滞在中も、行き帰りも、ちょっと期待とは異なる部分もありましたが、長い目で見て無駄なことなどひとつもない…と自分に言い聞かせて、少しでも得られた成果を今後の創作に活かしていけたらと思います。

 飛行機を降りてしばらく景色を眺めていたら、中華航空のジャンボがやってきました。
 行く先々でジャンボに出会えたのも、今回の旅のささやかな収穫です。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月31日

【重要】イラストレーター鈴木周作/関連WebサイトURL変更について

既にご案内の通り、旧プロバイダのホームページ公開代理サービス終了に伴い、【イラストレーター鈴木周作公式Webサイト】は平成28(2016)年12月より新URLに移転致しております。
新しいWebサイトは当面の間、旧URLからもリダイレクト(自動遷移)されますが、平成30(2018)年3月末をもってリダイレクト機能も終了致しますので、恐れ入りますがお早めにリンク・ブックマーク等の変更をお願い致します。
【イラストレーター鈴木周作公式Webサイト(※新URL)】 https://suzuki-syusaku.com/


あわせて、私が管理をお手伝いしております下記Webサイトも新URLに移転致しました。
こちらもリンク・ブックマーク等の変更をお願い致します。
【JR釧網本線北浜駅・喫茶「停車場」公式Webサイト(※新URL)】 https://suzuki-syusaku.com/teishaba/
【札幌LRTの会公式Webサイト(※新URL)】 https://suzuki-syusaku.com/slrt/


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~

  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:22お知らせ/お仕事

2017年10月30日

宮の森日記●台風一過の東京


 東京は台風一過の見事な快晴でしたが、昨日以上の強風が吹き荒れて交通機関が大幅に乱れて、おかげで私もいくつか予定を諦めることに…。
 最低限の用件は済ませることができたものの、ちょっと勿体ない一日になってしまいました。
 また近々、こちらに来る予定を考えておかないといけませんね。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月29日

宮の森日記●台風接近の東京へ


 先週の台風21号で上京予定を延期したのに、今度はまた台風22号が接近中…。
 今回も無手数料で変更・払い戻しに応じて下さるとのことでしたが、搭乗便のダイヤと台風の進路予想、それに自身のスケジュールを勘案して、予定通り出発してしまうことにしました。

 新千歳空港まで乗った快速「エアポート」の大谷翔平ラッピング編成。
 さて、この電車も来年以降はどうなるのかな?…とちょっと気になります。


 雲は垂れ込めていたものの、新千歳はまだ落ち着いた様子でした。
 「安全に着陸できない場合は引き返すことも…」との条件付き運航のアナウンスもなく、ほぼ定刻通りの順調な出発です。

 席に座ると、ちょうど窓の向こうにタイ国際航空のジャンボが現れました。
 どちらかというと小さな飛行機が好きで、エア・ドゥでもB767よりB737のほうを選んで乗ってしまう私ですが、やっぱりジャンボだけは別格!
 空港で見かけるとちょっと興奮してしまいます。


 東京に近づくにつれて、さすがに機体も揺れ始めました。
 着陸態勢に入った後も、機窓はひたすら雲の中。
 さて、どのあたりを飛んでいるのだろう?と思っていたら、ようやく途切れた雲の下に「海ほたる」が見えました。
 そういえば離陸後、「強い向かい風の影響で到着が遅れます」とのアナウンスがありましたが、確かにいつもよりも風景の流れ方が随分遅いように感じます。


 台風はまだ西のほうにいるようですが、既に東京では激しい雨が降り始めていました。
 鉄道でも、飛行機でも一緒ですが、こういう荒天の時ほど、現場の職員さん達の姿が頼もしく映ります。
 カッコイイ!…などと呑気なことを言ったら叱られそうですが、輸送を支えて下さっている方々への感謝の念はしっかり心に刻んでおかねばと思います。


 ターミナルビルのいつものレストランで遅めのランチを頂いていたら、「ベア・ドゥ北海道JET」が着陸してくるのが見えました。
 今夜はますます荒れそうですから、早めに宿に入って手持ちの仕事に専念することにします。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月28日

宮の森日記●手稲山


 お昼で終わったNHK文化センター新さっぽろ教室からの帰り道、カミサンにクルマで手稲山まで連れ出されました。
 途中、ショッピングセンターに少し食事に寄っただけなのに、山道に差しかかる頃にはすでに日没との競争です。


 少しでも秋の面影があるうちにと急いでやってきたのですが、山の上のほうは早くも初冬の趣でした。
 サスペンス劇場にでも出てきそうな風景ですね(笑)。
 山頂行きのロープウェイは随分前に廃止されてしまったようですが、寒々しい風景の中、当時の駅舎がまだそのまま残っていました。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月27日

宮の森日記●丸と六角


 「アルブレヒト・デューラー(水彩色鉛筆)とポリクロモス(油性色鉛筆)って使い勝手は違いますか?」
 大丸藤井セントラルさんに色鉛筆を買いに行ったら、店員さんにそう訊ねられました。
 両方の色鉛筆の同じ色を同時にレジに持って行ったので、ちょっと不思議がられたのかも知れません。

 同じファーバーカステルの製品でも、水に溶ける・溶けないの違いだけでなく、芯の硬さや色の乗り具合など、やっぱりそれぞれの個性があるようです。
 もちろん、私はあくまでデューラーがメインですが、その個性の違いを活かして、実はある特定の場面に限っては時々油性を併用することがあります。
 そういう時、同じメーカーだと色が完全に揃ってくれるので、ポリクロモスも何色かは常に手元に置くようにしているんですよ…と、そんな話を少しだけさせて頂いたら、「なるほど!」と納得して下さったようです。

 軸が丸いのがポリクロモス、六角形なのがデューラー。
 同じ色でも、持った瞬間に分かるのでまず間違えることがないのも有難いところです。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月26日

宮の森日記●新講座スタート!


 嬉しいことに、フロアの中でも一番眺めの良い部屋を割り振って頂けたようです。
 いずれもう少し慣れてきたら、生徒さんたちにはこの窓からの景色を描く練習などして頂くのも面白いかも知れませんね。
 NHK文化センター札幌教室の新講座「鈴木周作の水彩色鉛筆で描く旅スケッチ」、いよいよ今日から開講です!



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月25日

宮の森日記●円山公園


 結局、紅葉シーズンには遠出らしい遠出はできませんでしたが、むしろ家のすぐ近くにこういう場所があることを喜ぶべきかも知れませんね。
 円山公園はもうすっかり落葉の絨毯です。



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年10月24日

宮の森日記●台風一過


 札幌市内は思ったほど荒れなかったからか、色づいた街路樹の葉もまだだいぶ残っていました。
 雨の風情も悪くはないのですが、やっぱり同じ風景でも陽射しがあると一段と輝きますね!



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
https://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜