さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2016年05月06日

宮の森日記●宝物


 確か十数年前、独身時代に買った美唄鉄道の蒸気機関車。
 久々に引っ張り出して、煤や錆、土埃で汚れた様子をアクリル絵の具で描き入れたらなかなか良い感じになりました。
 どうしてこんな贅沢なものに手を出したのか、今となっては記憶も曖昧ですが、少数限定・真鍮製のハンドメイド製品で、多分これ1台で同じスケールの新幹線模型16両編成が2~3本は買える位の値段だったんじゃないかと思います。
 それだけに、筆を入れてわざわざ汚してしまうのにはちょっと勇気が要りましたが、これでやっと、本当の意味で「自分のもの」になったような気もします。

 傷ひとつ付けないよう大事に仕舞っておくべきか?
 それともボロボロになるまで手を掛けて使い尽くすべきか?
 「大切にする」という言葉の意味は人それぞれだと思いますが、でも傍から見たら「もったいない!」とか思われてしまうんでしょうね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2016冬号2/25より発売!>>詳細はこちら
【著書】『「北斗星」乗車456回の記録』小学館新書より発売中!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記]




同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●診断結果
宮の森日記●恐怖のドライブ・雨の夜編
宮の森日記●締切間際
宮の森日記●執筆中
宮の森日記●下描き中
宮の森日記●キャリアカー
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●診断結果 (2017-06-22 23:55)
 宮の森日記●恐怖のドライブ・雨の夜編 (2017-06-21 23:55)
 宮の森日記●締切間際 (2017-06-20 23:55)
 宮の森日記●執筆中 (2017-06-19 23:55)
 宮の森日記●下描き中 (2017-06-18 23:55)
 宮の森日記●キャリアカー (2017-06-17 23:56)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●宝物