さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2014年11月22日

宮の森日記●ファンフェス&「北斗星」の珍事


 NHK文化センター新さっぽろ教室での水彩色鉛筆画講座の指導中。
 さすがに普段はこんな我儘はしないのですが、今回ばかりは目下進行中のお仕事にも直接関わる珍事だけに、生徒さん達に謝って一瞬だけ自分の「取材」をさせて頂きました。
 11時過ぎ、いつものよう通過していく下り「北斗星」に繋がれていたのは、普段まず使われることのない珍しい客車。
 とは言っても、機関車の後ろの「電源車」がいつもと違う…というのはマニアック過ぎて、生徒さん達にはなかなか理解して頂けなかったかも知れませんね。


 講座終了後はそのままタクシーで札幌ドームへ。
 ファイターズの年に一度のファンフェスティバル。
 なぜか土曜開催となることが多いようで、以前にも講座日程とバッティングしてしまう年があったような気がします。

 それにしても今回のファンフェスティバル、これまでとは内容を大きく変えて…との触れ込みでしたが、率直なところあまり評判は芳しくなかったようで…。
 確かにグラウンド上での選手の皆さんのパフォーマンスが殆ど見られず、ステージ上や別室でのトークイベント的なものをひたすら大型ビジョンを通じて見ているだけなら、敢えてドームまで行かずとも後日のTV放送で充分かな?と感じてしまいます。
 勿論、関係者の方々も諸々事情のある中で頑張って下さっているのだとは思いますが、次回こそは是非もう一歩…と期待したいところです。


 夕方、上り「北斗星」を見送りに行ってみると、件の「電源車」が別車両に差し替えられていました。
 こちらが本来の車両。
 一見同じに見えますが、車体側面の「鎧窓」が無いのが大きな違いです。

 この電源車、通常はJR東日本持ちの車両が使われることになっているのですが、どうやら札幌側での出発前に不具合が生じたらしく、一昨日20日の上り列車からJR北海道持ちの予備車両に差し替えられていたようです。
 で、上野まで一往復して今日戻ってきたところで、修理を終えた本来の車両と交換…というわけでしょう。
 分かる人にしか分からない話で恐縮ですが…。
 敢えて言うなら、中嶋聡兼任コーチが打席に立つようなもの…と言えば、事の珍しさがお分かり頂けるでしょうか!?


----おしらせ----
【作品掲載】日本の美を伝える和風年賀状素材集「和の趣」未どし版発売中!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)
【作品掲載】季刊「スロウ」2014秋号発売中!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)
【作品掲載】小学館SJムック「とっておき寝台列車の旅」発売中! >>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記] 



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●遠景・背景
宮の森日記●飛行機の絵
宮の森日記●原稿の見直し
宮の森日記●雨の日の風景
宮の森日記●台風18号
宮の森日記●恐怖のドライブ・積丹編
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●遠景・背景 (2017-09-23 23:55)
 宮の森日記●飛行機の絵 (2017-09-22 23:55)
 宮の森日記●原稿の見直し (2017-09-21 23:55)
 宮の森日記●雨の日の風景 (2017-09-20 23:55)
 宮の森日記●台風18号 (2017-09-18 23:55)
 宮の森日記●恐怖のドライブ・積丹編 (2017-09-16 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●ファンフェス&「北斗星」の珍事