さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~ › 宮の森日記〜日々の出来事〜 › 宮の森日記【出張編】●1/27(月)冬晴れの福井から長岡へ

2014年01月27日

宮の森日記【出張編】●1/27(月)冬晴れの福井から長岡へ


 さすがに昨晩は早々に熟睡、おかげで今朝は気持ちよく目が覚めました。
 本場・福井で「ちりとてちん」を観られるのも何となく嬉しいものです(笑)。


 昨日の冷たい雨から一転、今日は素晴らしい青空に恵まれました。
 冬の北陸でこういう好天は珍しいと地元の方にも言われましたが、だとすると今回の取材は結構ツキがあるのかも知れません。
 今日も夕方まで、えちぜん鉄道の沿線取材。
 せっかく綺麗に見えている白山がうまく納まる構図を探して、勝山永平寺線を中心に夕方までひたすら歩き回ります。


 滞在中、今回もまた新しい発見が色々ありましたが、一方で、こんなことにも気付いていなかったのか!と愕然となる場面もありました。
 5年間、年に何度も通い続けていても、まだまだ知らないことが一杯なんだなぁ…と、地元民でない自分の立ち位置が少々もどかしくも感じてしまいます。
 でも、こういう「手が届きそうで届かない憧れ感」みたいなものが、結局は私の場合、次の創作へのモチベーションにも繋がっているのかな?とも思います。

 福井を離れるJRの車窓から、黄昏の白山を背に解体されていく旧型電車の姿が見えました。
 2両のうち1両は既に車体も殆ど無くなってしまっていたようです。
 ある意味、私と福井を結び付けてくれたきっかけの一つと言えるかもしれない大好きな電車でした。
 彼らを労うかのような素晴らしい青空の下、こうして最期の姿を見届けられたのも何かの運命でしょうか?


 金沢、直江津と乗り継いで、普通列車で今夜は長岡まで。
 札幌に戻る飛行機もやはり羽田経由ですが、東京までは敢えて新幹線を使わずに、普通列車利用で節約するかわりに1泊増やして寄り道しながら行こうという算段です。
 まだまだ長い道中になりそうですが、今回ばかりはちょっとだけ旅を楽しんでしまおうと思います。


----おしらせ----
【作品掲載】えちぜん鉄道「平成26年版カレンダー」発売中!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)
【作品掲載】季刊「スロウ」2013秋号発売中!>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)>>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記えちてつ絵日記]



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室
新しいフィールド
宮の森日記●関ヶ原
宮の森日記●色鉛筆の芯の先の…。
宮の森日記●スタンプラリー
宮の森日記●ドーナツ
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室 (2017-10-14 23:55)
 新しいフィールド (2017-10-13 23:55)
 宮の森日記●関ヶ原 (2017-10-12 23:55)
 宮の森日記●色鉛筆の芯の先の…。 (2017-10-11 23:55)
 宮の森日記●スタンプラリー (2017-10-08 23:55)
 宮の森日記●ドーナツ (2017-10-07 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●1/27(月)冬晴れの福井から長岡へ