さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2010年10月23日

宮の森日記●古い客車と満月の海


 講師の仕事が午前中で終わったので、取材も兼ねて午後からちょっと出掛けてきました。
 実は先週末の釧路行きで使った1週間乗り放題の「北海道フリーパス」が今日まで有効なので、せいぜい元を取ってやろうというさもしい発想です(笑)。
 でも、いつもならつい億劫になってしまいそうな場面でもとりあえず出掛ける理由付けにはなって、結果としてそれが取材や創作にも繋がっていくわけですから、まぁ、それはそれで良いのかも知れませんね。
 今回も出発早々、見事な秋晴れの海に出会えて早くも大満足です♪


 函館本線の普通列車で小沢まで行き、「SLニセコ号」で札幌に戻ります。
 以前、絵に描いた事もありますが、昔のままの佇まいを残すプラットホームと木造の跨線橋が独特の風情を感じさせる駅です。
 今日は羊蹄山も綺麗に見えていました。


 SLそのものも勿論ですが、私にとってはそれ以上に牽かれる古い客車たちが魅力的。
 観光用のレトロ風ではない、正真正銘の昭和20年代の客車に乗れるのは貴重です。
 温かな白熱灯のあかりが窓から漏れる黄昏時から夜にかけては、この客車たちが最も美しく見える時かも知れません。


 今宵は満月…。
 こんな風景に出会えたことが今日最大の収穫でした。


■日本の美を伝える和風年賀状素材集「和の趣」卯年版 全国書店にて発売中 >>詳細はこちら(※PC/携帯共用)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PCMobile北斗星乗車記]



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●ふた月半ぶりの福井
宮の森日記●今回も最前列席
宮の森日記●準備完了
宮の森日記●初めての「hitaru」
宮の森日記●秋の函館
宮の森日記●HACに乗って函館へ
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●ふた月半ぶりの福井 (2018-10-19 23:55)
 宮の森日記●今回も最前列席 (2018-10-18 23:55)
 宮の森日記●準備完了 (2018-10-17 23:55)
 宮の森日記●初めての「hitaru」 (2018-10-16 23:55)
 宮の森日記●秋の函館 (2018-10-15 23:55)
 宮の森日記●HACに乗って函館へ (2018-10-14 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記●古い客車と満月の海