さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~ › 宮の森日記〜日々の出来事〜 › 宮の森日記【出張編】●7/15(水)4ヶ月ぶりの福井へ

2009年07月15日

宮の森日記【出張編】●7/15(水)4ヶ月ぶりの福井へ


 目が覚めると富山手前…だったでしょうか?
 日本海に昇る朝日、ちょっと新鮮な眺めです。


 4ヶ月ぶりの金沢、すっかり夏の装いです。
 この街もゆっくり歩きたいところですが、天気が崩れないうちに取材先に急がないと…。
 兼六園はまた次回のお楽しみです。


 もう来る事もないと思っていた廃線間際の北陸鉄道・加賀一の宮駅。
 前回は梅が咲き始めたばかりの頃でしたが、今回は深い緑の中。
 古きよき日本の夏、とでも言うべき趣のある佇まいで、やっぱり来て良かったとしみじみ。
 もう一度、最後に紅葉の頃…はさすがに無理かなぁ?


 普通列車で福井に移動。
 厳密には若狭と越前では少し離れますが、私にとって「ちりとてちん」以来の憧れの聖地です(笑)。
 一応、大切な取材と打合せが目的ですが、束の間の滞在を存分に楽しませて頂こうと思います。

 遅めの昼食は前回食べ損ねた「越前おろしそば」。
 この二皿盛りが伝統なんだそうです。


 打合せまで間があったので、えちぜん鉄道で途中駅まで一往復。
 明るく爽やかな印象の電車と、九頭竜川沿いの涼味溢れる車窓風景。
 冬の素朴な佇まいとはまた異なる素晴らしい魅力です。
 明日、明後日は雨の予報なので、少しでも陽の差しているうちにこの印象を掴んでおかないと…。


 街に戻って打合せ。
 相手方もあるお話なので、詳しいご報告はまた然るべき時期にさせて頂くとして…
 ともかく、実に良いお話をさせて頂けたと思います。
 札幌の私が、遠く離れた福井とこうして繋がりを持てるというのは本当に嬉しい事。
 こういう御縁は末永く大切にさせて頂きたいと思います。

 「ちりとてちん」を観た時に感じた運命的な導きも、あながち勘違いではなかったのかも知れませんね。


 勿論夕食は「ヨーロッパ軒」さんのソースカツ丼♪
 長い一日の終わりのささやかなご褒美です。

鈴木周作 ~札幌の水彩色鉛筆画家~
公式サイトも併せて御覧下さい>>[PC|Mobile|北斗星blog]
tag:



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●エゾリス
宮の森日記●円山公園
宮の森日記●ローストビーフバーガー
宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室
宮の森日記●小休止
宮の森日記●ササラ電車の試運転
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●エゾリス (2018-11-03 23:55)
 宮の森日記●円山公園 (2018-11-02 23:55)
 宮の森日記●ローストビーフバーガー (2018-11-01 23:55)
 宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室 (2018-10-31 23:55)
 宮の森日記●小休止 (2018-10-30 23:55)
 宮の森日記●ササラ電車の試運転 (2018-10-29 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●7/15(水)4ヶ月ぶりの福井へ