さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~ › 宮の森日記〜日々の出来事〜 › 宮の森日記【出張編】●3/14(金) 300回目の「北斗星」

2008年03月14日

宮の森日記【出張編】●3/14(金) 300回目の「北斗星」

鈴木周作 ~札幌の水彩色鉛筆画家~ [PC][Mobile]





東京で会社勤めの頃は「2号」を降りると即出勤…慌しくも厳しいスケジュールの中で、最後にこの食堂車で頂く朝食がささやかな慰めでもありました。
今では自由業の身になって、ようやく穏やかな気持ちで朝食を頂けるようになった気がします。
メニューは変わってしまいましたが、今でも朝の食堂車に行くと何事も必死だったあの頃の記憶が甦ってきます。



不謹慎ながら今回も遅れるかと密かに期待していたのですが…結局9時41分、定刻通り上野到着。
20周年の節目だけに、最後はしっかりと締めてくれたようです。
上野で降りる乗務員さん達にとっては、これが最後の「赤ランプの食堂車」。
荷物を降ろして引き揚げる前に並んで記念写真を撮る姿がありました。



折り返しまでの間、大宮の鉄道博物館を覘いてきました。
オープンから半年近く経った今でも相変わらず大変な賑わい。ご同慶の至りです。
歴史年表のコーナーに「北斗星」の展示を発見! 改めて20年という時間の大きさを感じさせられます。
これだけの間、変わらず輝き続けてきたのって実は物凄い事なんでじょうね。



いよいよ最後の「北斗星1号」。そして記念すべき300回目の「北斗星」。
とりわけ好んで利用させて頂いた「1号」には想い出も尽きず、取材という目的を抜きにしても、今日だけはどうしても乗っておきたいと思っていました。
「1号」廃止の噂を聞いた時、乗車回数を数えてみたらちょうど290回を超えた位。これが280回とか、300回を過ぎていたら何でもなかったのですが、あと数回なら最終運行に合わせられるぞ!と気付いてしまったのが事の発端。以降、出張予定を調整しつつ数往復を重ねた上で今日を迎えた次第です。
つまらぬ自己満足と言われてしまえばそれまでですが…こんな節目を迎えられたのも何かの運命かな?と思ったりもします。



普段はこんな贅沢はしませんが、今日ばかりはロイヤルルームを奮発!
ゆっくりと想い出に浸りつつ、でも今後の創作の為、車内の雰囲気などしっかり取材しておこうと思います。
この客車も今宵を最後に引退との事。10号車12番、最後の乗客となりました。



知人のカメラマン氏が上野駅まで見送りに来てくれた他、今回は「札幌LRTの会」の先輩が面白がってついてきてくれました。
「300回を祝わないと!」と、友達というより親子ほど歳の離れた私の為に色々気遣い盛り立てて下さったのがこの方です。
ふとケータイを見れば「300回おめでとう」メールがいくつも届いていました。いつも一人旅ばかりでしたが、気がつけば良いお仲間に恵まれていたものです。
「赤ランプの食堂車」最後の夜、このテーブルで乾杯させて頂けて本当に嬉しい想い出になりました。



深夜、青森の信号場で機関車交換の停車中、隣の線に上野行き「北斗星4号」が入ってきました。
カーテンを閉ざした寝台車、白いテーブルランプの食堂車、大きな窓が仄明るいロビーカー…
ちょうど私の部屋の前に乗務員室が停まり、窓を開けて安全確認を繰り返す車掌さんの凛とした姿がはっきりと見て取れました。
向こうも今夜が最終運行。実に印象的な最後の出会いでした。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●ふた月半ぶりの福井
宮の森日記●今回も最前列席
宮の森日記●準備完了
宮の森日記●初めての「hitaru」
宮の森日記●秋の函館
宮の森日記●HACに乗って函館へ
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●ふた月半ぶりの福井 (2018-10-19 23:55)
 宮の森日記●今回も最前列席 (2018-10-18 23:55)
 宮の森日記●準備完了 (2018-10-17 23:55)
 宮の森日記●初めての「hitaru」 (2018-10-16 23:55)
 宮の森日記●秋の函館 (2018-10-15 23:55)
 宮の森日記●HACに乗って函館へ (2018-10-14 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●3/14(金) 300回目の「北斗星」