さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~ › 宮の森日記〜日々の出来事〜 › 宮の森日記【出張編】●2/14(木) 大荒れの八幡平

2008年02月14日

宮の森日記【出張編】●2/14(木) 大荒れの八幡平

鈴木周作 ~札幌の水彩色鉛筆画家~ [PC][Mobile]





上京のみならず東北旅行にも重宝していた「北斗星」。
来月のダイヤ改正で減便されると盛岡に停まる列車は無くなってしまうようです。
こんな時間、この駅に降りるのもこれが最後になるのでしょう。
今日は定刻4時37分から17分ほど遅れての到着です。



花輪線の一番列車までは約1時間待ち。
こんな事言うと怒られそうですが、むしろ「北斗星」が若干遅れてくれるのは好都合…と思ったら、肝心の一番列車は強風の為運休との事。
次の列車は動きそうですが、先の乗り継ぎが心配なのでバスで行く事にします。



岩手県北バスで盛岡駅前から約1時間半。八幡平ロイヤルホテルからはいよいよ旅の主目的、松川温泉行きのボンネットバス「八幡平号」に乗り換えです。
このバス、いわゆる観光用のレトロバスなどではなく、普通のバスでは太刀打ちできない雪の山道を登る為に用意された4輪駆動の強力車。その特殊性ゆえ製造後40年を経てもなお現役で活躍しているようです。
飾り気のない素朴な内装に、一旦走り出せば凄まじい音と振動。今はなき南部縦貫鉄道のレールバスを想い出してしまいます。



かつて八幡平と麓の国鉄駅を結んで走っていた松尾鉱業鉄道の電気機関車。
松尾村歴史民俗資料館に保存されていると訊いて観に行ってきました。
可愛らしくも逞しい機関車。いずれ絵の中で走らせてみたいと思います。

丸々一日、激しい風雪と酷寒に晒されながらの強行軍でしたが、そのまま描きたくなるようなシーンにも沢山出会う事ができました。
明日は県境を越えて秋田方面に行ってみる予定です。



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事画像
宮の森日記●ふた月半ぶりの福井
宮の森日記●今回も最前列席
宮の森日記●準備完了
宮の森日記●初めての「hitaru」
宮の森日記●秋の函館
宮の森日記●HACに乗って函館へ
同じカテゴリー(宮の森日記〜日々の出来事〜)の記事
 宮の森日記●ふた月半ぶりの福井 (2018-10-19 23:55)
 宮の森日記●今回も最前列席 (2018-10-18 23:55)
 宮の森日記●準備完了 (2018-10-17 23:55)
 宮の森日記●初めての「hitaru」 (2018-10-16 23:55)
 宮の森日記●秋の函館 (2018-10-15 23:55)
 宮の森日記●HACに乗って函館へ (2018-10-14 23:55)

Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55 │宮の森日記〜日々の出来事〜

削除
宮の森日記【出張編】●2/14(木) 大荒れの八幡平