さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2019年12月09日

2019年12月08日

宮の森日記●新しい掛時計


ここ最近、毎日のように野鳥を撮りに出かけていたら、結婚記念日のプレゼントにとカミサンが買ってくれました。
1時間おきにさまざまな野鳥の声が鳴るそうです。
正直、まだ聴いたことのない鳴き声のほうが多いのですが、これで少しずつでも覚えていけたらと思います。


----おしらせ----
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2020年子年年賀状>>詳細はこちら
【作品掲載】新春を寿ぐ和の趣年賀状 子年版>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年12月07日

宮の森日記●カミサンと北海道神宮へ


カミサンが動画を撮っていたら、それに気づいたエゾリスが一匹、カメラ目線で駆け寄ってきました。
今日はシマエナガを見せてあげられなかったのは残念ですが、エゾリスに遊んでもらってカミサンもそこそこ満足していたようです。


----おしらせ----
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2020年子年年賀状>>詳細はこちら
【作品掲載】新春を寿ぐ和の趣年賀状 子年版>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年12月06日

宮の森日記●今日はエゾリス


シマエナガは遠目に一瞬見えただけでした。
鳴き声はなんとなく分かってきましたが、ちゃんと撮れる距離で現れてくれるかどうかは、やっぱり運次第なんですね。
今日は野鳥たちよりも、エゾリスをたっぷりと撮ってきました。


----おしらせ----
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2020年子年年賀状>>詳細はこちら
【作品掲載】新春を寿ぐ和の趣年賀状 子年版>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年12月05日

2019年12月04日

2019年12月03日

宮の森日記●雪の円山公園


早起きは三文の徳…とは使い古された喩えですが、朝の早いうちに円山公園を訪れたら、いつもより大勢の野鳥たちに会えました。
まずはシジュウカラ。


お馴染みのヤマガラ。


エゾリスもすぐ目の前にいました!


ハシブトガラ。


ゴジュウカラもたくさんいました。


キバシリ…でしょうか?
コゲラだとばかり思って撮っていたのですが、くちばしの形もお腹周りも違いました。
まだまだ勉強ですね。


----おしらせ----
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2020年子年年賀状>>詳細はこちら
【作品掲載】新春を寿ぐ和の趣年賀状 子年版>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年12月02日

宮の森日記●ソニー「HX99」


令和最初の日に買ってきたこのカメラのおかげで、今年は絵の題材がずいぶん拡がりました。
エゾリスとか、飛行機とか、野鳥とか…。
広角単焦点のリコー「GR2」もかなり気に入ってはいたのですが、こういう被写体を前にする時には、28倍ズーム・720㎜相当の超望遠の威力はやっぱり絶大です。
これまでは一応「GR2」をメインに据えつつ、動物、飛行機などに限って併用してきたのですが、これからは普段使いの場面でも「HX99」の出番を増やしてみようかと思っています。

まずは純正ボディケースに付いていたナイロン製のネックストラップを手持ちの革製のものに交換して、あわせてボディの左右両端で吊り下げる「2点吊り」から、グリップ側のみの「1点吊り」に変えてみました。
メインのカメラは首から下げてジャケットの内ポケットに忍ばせておくのが私流なので(そのために敢えてコンデジに拘っているようなものです)、これだけでも俄然、使い勝手が良くなりました。
あとはボタンやコントロールリングの機能のカスタマイズなど…。
実を言えば、細々とした機能などはまだ充分理解しきれていないのですが、まぁ、少しずつ手に馴染ませて、自分の道具として使いこなせるようになっていけたらと思います。


----おしらせ----
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2020年子年年賀状>>詳細はこちら
【作品掲載】新春を寿ぐ和の趣年賀状 子年版>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年12月01日