さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2019年12月14日

宮の森日記●カミサンへのプレゼント


結婚記念日と誕生日のちょうど狭間のタイミングで、通販で見つけたカミサンへのプレゼントが届きました。
大好きなドラマ「結婚できない男」に欠かせない名脇役「ケンちゃん」(今秋放送された13年ぶりの続編「まだ結婚できない男」では生まれ変わって?「タツオ」になっていましたね…)にちなんで、ちょっとリアルなパグ犬のネックレスです。
受け取ったカミサンのリアクションはちょっと微妙でしたが…。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2020年子年年賀状>>詳細はこちら
【作品掲載】新春を寿ぐ和の趣年賀状 子年版>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年12月14日

【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」


福音館書店の月刊科学絵本「かがくのとも」の通巻611号/令和2(2020)年2月号として、電車の陸送作業を描いた絵本を出版させて頂くことになりました。

この絵本は、平成26(2014)年の秋、えちぜん鉄道(福井県)の新型車両「7000形」が搬入された際の輸送作業の様子を追跡取材したものです。
兵庫県尼崎市の車両工場での積み込み作業。高層ビルに囲まれた大阪の夜景や、歴史ある京都の街並みを眺めながら福井を目指す長い道中。そしてようやく到着した福井口車庫でクレーン車に吊られて線路の上に降ろされる電車の巨体…。
「電車が道路を走る」という不思議な光景や、それに携わる作業員さん達の活躍ぶりなど、ぜひたくさんの子どもたちに興味を持って頂けたらと願っています。

加えて、高架新線開業前の地上時代の福井駅、福井口駅や、今では引退してしまった京福時代からの旧型車両などを絵本の中に描き残せたことも、私にとってはささやかな喜びです。
地元・福井の皆様や、全国の熱心な鉄道ファンの皆様には、そのような懐かしい風景もぜひ併せてお楽しみ頂けたら嬉しいです。

25×23cm オールカラー28頁。定価(本体400円+税)。
令和2(2020)年1月5日頃より全国書店で発売予定(地域によっては若干遅れる場合もございます)。
お近くの書店に在庫がない場合は、店頭にてお取り寄せご注文下さい。


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 20:41お知らせ/お仕事