さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2019年09月07日

宮の森日記●市電フェスティバルからの本州行き


まるで夏に戻ったかのような蒸し暑さでしたが、心配していた雨が昨晩のうちに止んでくれたのは幸いでした。
毎年恒例の「市電フェスティバル」。
今年も「市電の会」コーナーで原画展示をさせて頂きました。


出展者の立場なのであまり歩き回ってはいられませんが、開場前にちょっとだけ覘きに行ってきました。
何といっても今回の目玉は初めて展示される新型ササラ電車「雪21号」。
その隣の新型低床車両「シリウス」も、実はつい数日前に搬入されたばかりのピカピカの新車「1102号」です。


イベントの途中で失礼するのは心苦しい限りですが、これから1泊2日の強行軍で旅に出なければなりません。
会場のすぐ目の前、「電車事業所前」バス停から新千歳空港行きのリムジンバスに飛び乗って、午後の飛行機で羽田空港へ…。
着陸前、ちょっと微妙ですがブロッケン現象(?)の円い虹が一瞬見えて嬉しくなりました。


「あ、窓際席が空いた!」と慌てて移動したら、すぐ目の前にJALの最新鋭機「A350」が停まっていました!
東京滞在1時間少々のささやかな収穫です。


実は羽田~小松便に乗るのは今回が初めてです。
外はもう暗くなってしまいましたが、どういうルートで飛んでいくのか、夜景をじっくり眺めながら確かめてみようと思います。


羽田の滑走路手前でしばらく待たされて、ようやく離陸したと思ったらアッという間に着陸態勢…。
さすがに飛行機だと小松も一瞬の距離なんですね。

小松からはリムジンバスに乗り換えて、今夜は約1ヶ月ぶりの福井泊。
自宅からの地下鉄や空港連絡等々も含めて、「鉄道」に一切乗らずに福井を訪れるのも、考えてみればこれが初めてのことです。


----おしらせ----
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 10月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 10月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品展示】札幌市電「2019市電フェスティバル」9/7開催!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2019夏号7/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜