さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2019年06月30日

宮の森日記●梅雨の東京へ


高倍率ズームが自慢のソニー「HX99」を買ってから、新千歳発の便に乗るのは意外にも今回が初めてです。
ターミナルビルからでもこんなに大きく撮れるのか!と面白がって試していたら、ちょうど今から乗る飛行機が着陸してきました。


羽田空港到着前、ようやく雲が途切れると恐竜橋のすぐ上空でした。
このルートでの着陸は初めてだったかも知れません。
梅雨前線が活発化し広範囲で荒天、「滝のような雨」に警戒…と、出発前から天気予報でも繰り返し伝えられていましたが、飛行ルートや滑走路もその影響でいつもとは違っていたようです。


都内で本題の用事を済ませてから、久しぶりに鉄道博物館まで足を延ばしてきました。
今日が最終日の企画展「鉄道マンの仕事アルバム・鉄博フォトアーカイブ展」がお目当てです。
明治時代から比較的最近のものまで、鉄道に携わる方々を捉えた貴重な写真が満載で、 私のお仕事にも活かせるようなヒントがたくさんありそうな気がします。


中でも、明治時代の駅風景を捉えた本物のガラス乾板が見られたのは大収穫でした。
特に貴重なものだけに、公開されるのは会期中でも昨日と今日の2日間だけ。
しかも客が近寄ってきた時だけ、学芸員さんがライトボックスを点灯して見せてくれるという用心深さでしたが、百年以上も前のものとは思えないほどの解像度の高さには思わず息をのみました。
同じ写真を紙焼きやデジタル出力のパネルにしたものと比べても、やっぱり原板の情報量は圧倒的です。

こんな貴重な展示物、当然ながら撮影禁止だろうと思ったら、意外にも「撮っても大丈夫ですよ!」と言って下さったので、ありがたく数枚ほど撮らせて頂きました。
偶然とはいえ、上京予定がこの日に当たって只々感激です!


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月29日

宮の森日記●ひと区切り


月内締め切りの作業はとりあえず昨晩までに終わりました。
来月以降に向けての作業もあるのでまだまだ気は抜けないのですが、ともかくこの1週間ほど、筆が遅い私にしては驚異的な作業ペースで全て無事にクリアできてホッとしているところです。

こういう緻密な作風ですから、どうしても1枚1枚描くのに時間が掛かってしまいます。
少しでも作業効率を上げるべく色々工夫はしてみるのですが、結局最後は睡眠時間を削って…となってしまうのがお決まりのパターンです。
さすがに寝不足続きが祟って少々ダウン気味。
今日ばかりは絵画教室が無かったのがせめてもの救いです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月28日

宮の森日記●ファイターズ号


ホームドア完備の路線のラッピング電車って、見るのも撮るのもちょっと微妙な感じですね。
つい一昨日、トレードで読売さんに移籍してしまった鍵谷投手もどこかにいたような…!?と慌てて見渡してみたのですが、見つける暇もなく出発していってしまいました。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月27日

宮の森日記●NHK文化センター札幌教室



私の教室では、新規受講生の方にはまずは私の作例を模写しながら基礎的な技法を練習して頂くのですが、たとえ同じ題材であっても、皆さんそれぞれ描き方に個性が表れるのが興味深いところです。
もちろん、絵には唯一絶対の正解などありませんから、決してどれが良い悪いというものでもありません。
結果的に私の作例とはまるで異なる絵になっても構いませんから、どうぞ遠慮なく、それぞれの個性や好みにあった作風を見出していって頂けたらと思っています。
しっかりとお教えしながら、でも縛ってしまわないように…。
私のほうもバランスを保てるよう気を付けないといけませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月26日

宮の森日記●作業効率


生産性…などという言葉を使うと、適当に流して描いているように思われてしまうかも知れませんが、作品のクオリティと一枚一枚への想いを保ちつつ、限られた時間内で描ける枚数を増やしていくのは結構重要なことだと思います。
まず大切なのは「考える時間」と「描く時間」を分けること。
鉛筆を握ってからダラダラと悩む時間を省くだけでも相当な時短になりそうな気がします。
そして複数枚の並行作業。
筆で濡らした後の乾燥待ちで手が止まってしまう時間もありますから、その間にササッと他の絵に手を付けられたら意外と捗るかもしれません。
とは言え、こういう仕事は結局気持ちの問題ですから、なかなかそう理屈通りにいくとは限らないのですが…。
ともかく今回は特にスピードアップを意識して、月内になんとか数枚ほど仕上げてしまおうかと思っています。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月25日

宮の森日記●芯折れ


鉛筆削りの中で芯の先が折れてしまうことがあります。
保存状態が悪かったのか?
それとも鉛筆削りとの相性の問題か?
経験上、比較的「折れやすい色」の傾向があるような気もしますが、おそらくは顔料による芯の硬さの違いなども多少影響しているのでしょう。
時には削っても削っても繰り返し折れてしまい、1本ほとんど使えずに終わってしまうようなこともありますが、かと言って「不良品」と断言するだけの根拠もありませんから、こればっかりは運が悪かったと諦めるしかありません。

締め切り前夜、いちばん使う色が折れてダメになってしまったら…と考えるだけでも恐ろしくなります。
せめてもの自衛策として、常に全色、数本ずつはストックしておかないと…。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月24日

宮の森日記●締め切り前


今月前半は原画展にかかりっきりだった分、締め切り前の作業が全部後半に重なってしまいました。
結構大変な状況ですが、でもこういう時ほど、ひたすら必死に描き続けているとつまらぬ見落としをしてしまうこともありますから、作業を急ぎつつも心に余裕を残しておかねばと思います。
とりわけ風景画の中に描き入れる人物の配置やポーズなど、机に向かって悩んでいるよりは、街に出て、カフェでお茶でも飲みながら考えているほうが案外自然にまとまったりするものです。
とりあえずイメージだけ固めたら、家に戻って作業に専念します。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月23日

宮の森日記●まさかの3連敗


ファイターズ、交流戦最終カードのvsドラゴンズ戦はまさかの3連敗。
ほんの少し前までは、やれリーグ首位だ、交流戦優勝だと盛り上がっていた気がするのですが…。
せっかく良い流れを掴みかけても、何かをきっかけにあっさり逃してしまう、昨季も今季もそういう展開が続いているようでちょっと心配です。

内心諦めながらも試合終了までTV中継を観ていたら、すっかり遅くなってしまいました。
ほとんど夕食に近い時間ですが、気分転換も兼ねてランチ代わりのドーナツを…。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月22日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


始まったのが平成18(2006)年の1月でしたから、こちらでの講師のお仕事ももう13年目になるんですね。
当時はまだ札幌に移住してきたばかりで、絵描きとしての実績も知名度も皆無に等しい状況でしたが、ともかくここまで講師を続けたこと自体が、今ではささやかな「実績」になったのかな?…とも思います。

朝からかなり激しい雨でしたが、今日も大勢の生徒さんが出席して下さいました。
皆さんの熱心さには私もいつも励まされています。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月21日

宮の森日記●下描き中


「自由に描く」というのは、あたりまえですが「適当に描く」ということではありません。
架空のシチュエーションだからこそ、説得力を持たせるにはそれ相応の下調べが必要になるものです。
絵の中の機関車の来歴調べから始まって、ようやく下描きができる段階にまで辿り着きました。
あとはこのシーンに良い形で「物語」を織り込めるよう、慎重に仕上げを進めていこうと思います。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月20日

宮の森日記●路線バス


原画展開催中はもっぱら地下鉄~市電で会場に通うばかりだったので、久しぶりにバスに乗って違う方向に出かけるのは新鮮な気分です。
買い物がてら外の景色を眺めて、少し気分を変えてから少々神経を遣う作業に戻ります。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月19日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


水彩色鉛筆画で「マスキング液」を使うケースは稀かも知れませんが、前回ご質問頂いたので実演も交えながら少し講釈させて頂きました。
知っておくと意外なところで役立つこともありますから、こういう話もあながち無駄ではないでしょう。
私自身も色々な技法を試しながら、講座では出し惜しみせず披露させて頂こうと思っています。

帰り際、今日もいつものラーメン屋さんで遅めのランチです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月18日

宮の森日記●後片付け


原画展で飾った絵を額縁から外して、制作順に並べ直して、全て保存用のクリアファイルに戻して収納します。
額縁は額縁で、サイズごとに分けてダンボール箱に入れて仕舞っておきます。
枚数が多いので結構大変な作業ですが、面倒臭がって額縁に入れたままにしてしまうと、後々原画が見つからなくて大騒ぎになったりもしますから、まだ余韻が残っているうちに早々に片付けてしまわないといけません。
これが終わってようやく原画展もひと区切り、といった感じです。

しかし46年も生きてきて、遺せたものがひと抱えの作品ファイルだけというのは…。
我ながら実にちっぽけな人生です(笑)。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月17日

宮の森日記●資料写真


資料写真を漁っていたら、自分でも忘れていたようなカットが色々出てきました。
そのままの構図で描く機会はなさそうですが、撮った時の想いとは全く違う形で、そのうち意外な場面で役に立つこともあるかも知れません。
何事も蓄積です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月16日

宮の森日記●札幌まつり


原画展が無事終わった安堵感と、会期中の寝不足続きも重なって、今日はすっかり寝過ごしてしまいました。
それでも年に一度の「札幌まつり」の神輿渡御。
せっかくなので、午後から少しだけですが写真を撮りに行ってきました。
あいにくの空模様ですが、これはこれで風情があって良いですね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月15日

宮の森日記●おかげさまで原画展最終日


いよいよ最終日!
今日もお客様から色々頂いてしまいました。
お気遣いありがとうございました。


「飛行機の絵を並べた原画展」という、ここ数年来の夢が叶えられたのも今回のささやかな成果でした。
いずれは飛行機だけでも会場を埋められる位まで頑張ってみようと思います。


終わってしまえばあっという間の2週間でしたが、これ位の期間だったからこそ、ほぼ毎日、数時間ずつでも在廊してお客様をお迎えできたのかな?とも思います。
ご来場頂いた皆様、応援して下さった皆様、会場を提供して下さった「ギャラリー土土&土土カフェ」様、ありがとうございました!
またこちらで展示させて頂ける日を楽しみにしています。


雨の夜に運転させるのはちょっと怖かったのですが、カミサンがクルマで迎えに来てくれたおかげで撤収・搬出作業が本当に楽でした。
ご褒美も兼ねて、今夜はささやかな打ち上げです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月15日

【市電日記2019~スロウな電車の原画展~】おかげさまで無事閉幕

札幌市内「ギャラリー土土&土土カフェ」にて開催しておりました「市電日記2019~スロウな電車の原画展~」はおかげさまで盛況のうちに無事閉幕致しました。

初対面の方、久しぶりにお会いする方、面識はあっても今までゆっくりお話しする機会のなかった方など、連日たくさんのお客様をお迎えしながら、楽しく有意義な時間を過ごさせて頂きました。
地元での原画展は実に5年ぶりでしたが、こういう機会があるからこそ私の作品に目を留めて下さる方々もおられますし、また私自身にとっても、己の作風や心境の変化を再確認する貴重な機会だということを改めて感じました。
これからも定期的にこのような原画展を開催できるよう、ますます頑張っていかねばと思っています。

ご来場頂いた皆様、応援して下さった皆様、そして会場を提供して下さった「ギャラリー土土&土土カフェ」様、ありがとうございました!


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:50お知らせ/お仕事

2019年06月14日

宮の森日記●原画展11日目


原画展の期間中、連日の「市電通勤」もささやかな楽しみでした。
今日も運良く旧型電車「M101」に当たりました♪


会期終盤になると、駆け込みのお客様が増えるものです。
皆さんそれぞれお忙しい中、無理してでも時間を割いて訪ねてきて下さるお気持ちが嬉しいです。

いよいよ明日6月15日(土)は最終日。
撤収作業の準備等で席を外している時間もあるかも知れませんが、できるだけ会場で皆様のご来場をお待ちしたいと思います。


※原画展「市電日記2019」のご案内(随時更新) ご来場前にぜひご確認下さい!
▼【原画展】6/3~6/15 札幌・ギャラリー土土「市電日記2019」(在廊予定・混雑見込み・会場地図)


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月13日

宮の森日記●原画展10日目


「市電日記」と題した原画展ですが、今回は飛行機の絵も多めに展示しています。
このあたりの題材の変化、というか心境の変化も、前回展示からの5年間のささやかな足跡なのかな?…と自分では思っています。
今日は航空業界のお仕事をされているお客様が訪ねてきて下さって、色々と楽しいお話をさせて頂きました。

明日6月14日(金)は14時頃から17時頃まで在廊予定です。
14時まではギャラリー1階テーブル席が併設「土土カフェ」のお客様グループの貸切使用となります為、ゆっくりと絵を御覧頂くためにも、できれば14時以降のご来場をお勧め致します。
残すところあと2日、皆様のご来場をお待ちしています。


※原画展「市電日記2019」のご案内(随時更新) ご来場前にぜひご確認下さい!
▼【原画展】6/3~6/15 札幌・ギャラリー土土「市電日記2019」(在廊予定・混雑見込み・会場地図)


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2019春号5/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2019年06月13日

【市電日記2019~スロウな電車の原画展~】6/15(土)まで開催中!/在廊予定等更新

連日多数のご来場を賜り誠にありがとうございます。
会期も残り僅かとなりましたが、最後まで皆様のご来場をお待ち致しております。

【在廊予定について】
●明日6月14日(金)は、14時~17時頃在廊予定です。
11時~14時頃は会場混雑が見込まれるため(1階テーブル席がカフェのお客様グループの貸切使用になります)、ゆっくりと絵を御覧頂くためにも、できれば14時以降のご来場をお勧め致します。

●最終日6月15日(土)は、撤収作業の準備等の都合上、在廊時間が未定で申し訳ございません。
状況によっては急遽不在となる可能性もありますので、当日Twitter等でご確認頂くか、もしくは鈴木に御用の方はあらかじめご来場予定をお知らせ頂けますと幸いです。
(事情により在廊予定が変更となった場合はご容赦下さい)

※会場地図等、詳細は下記リンク先を御覧下さい。
▼【原画展】6/3~6/15 札幌・ギャラリー土土「市電日記2019」(在廊予定・混雑見込み・会場地図)


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 22:45お知らせ/お仕事