さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年12月04日

宮の森日記●再チャレンジ


 いろいろ悩む時間を一切省いて、ただひたすら単純作業で描き進めたらどれだけ作業効率が上がるのだろう?…と時々考えることがあります。
 新作1点、ほぼ完成間近のところまで描き上がってはいたのですが、ある部分がどうしてもしっくりこなかったので、思い切って最初から描き直してみることにしました。
 まぁ、2度目の作業となればイメージも技法も大体頭に入っていますから、今回は1日2日でサラッと描き終えてしまえると思ったのですが…。
 いざ描いてみれば2度目は2度目で悩みどころ満載、まだまだ時間が必要なようです。


----おしらせ----
【作品掲載】2019年版「えちぜん鉄道カレンダー」各有人駅・地元書店・通販にて発売中!>>詳細はこちら
【作品掲載】素材集「新春を寿ぐ和の趣年賀状 亥年版」発売中!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2019年亥年年賀状 ご注文受付中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018秋号10/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年12月03日

2018年12月02日

宮の森日記●エゾリス


 朝早く目が覚めてしまったので北海道神宮まで歩いていくと、いきなりエゾリスが参道に飛び出してきました。
 この街ではそんな珍しい動物でもありませんが、やっぱり動きが激しいので写真に撮るのはなかなか大変です。


 実際に見るまでは不安のほうが大きくて、見てしまった後には「もっとこうしておけば…」という反省や多少の後悔が必ず出てくるものなので、自分の手掛けた商品を見るのはいつも複雑な心境です。
 夕方、えちぜん鉄道さんのカレンダーが福井から届きました。
 ともかく無事に商品として送り出して頂けたことを感謝するばかりです。


----おしらせ----
【作品掲載】2019年版「えちぜん鉄道カレンダー」各有人駅・地元書店・通販にて発売中!>>詳細はこちら
【作品掲載】素材集「新春を寿ぐ和の趣年賀状 亥年版」発売中!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2019年亥年年賀状 ご注文受付中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018秋号10/25発行!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年12月02日

【作品掲載】えちぜん鉄道「平成31年版カレンダー」


 毎年原画を描かせて頂いている、えちぜん鉄道(福井県)のオリジナルカレンダーが今年も発売になりました。
 高架化工事が今夏完成したばかりの福井駅、瓦葺きの大屋根が特徴的な三国駅の新駅舎、現在公開中の映画「えちてつ物語」にも登場する中角橋梁や福井口の車両基地、電車が見える線路際のカフェなど、えちぜん鉄道をとりまくさまざまな風景を描き綴りました。
 同社有人駅、地元書店のほか、同社Webサイトからも購入できます。

■仕様 : 壁掛カレンダー A2版(表紙1枚、各2ヶ月1枚ずつ計7枚)
<収載作品>
【表紙】福井駅(正面) 【1・2月】小舟渡駅付近 【3・4月】福井口車庫 【5・6月】三国駅 【7・8月】福井駅(ホーム) 【9・10月】中角橋梁 【11・12月】大関駅付近(カフェ「森のめぐみ」店内より)
■販売価格 : 1部 1,000円(税込み)
■販売箇所 : えちぜん鉄道有人駅(※一部は除く)
          書店(勝木書店、紀伊國屋書店福井店)
          通信販売(えちぜん鉄道Webサイトより)
(※おことわり) 昨年までは3部以上お求めの場合は送料無料でしたが、配送業者の料金値上げに伴い、今年からお客様負担とさせて頂くことになりました。申し訳ございませんが何とぞご了承下さい。具体的な金額等は上記Webサイトでご確認頂くか、ご注文時にお問合わせ下さい。

■お問合せ : えちぜん鉄道 お客様相談室
          電話番号 : 0120-840-508 (受付時間8:00~21:00)

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 16:06お知らせ/お仕事

2018年12月01日

宮の森日記●えちてつ物語


 いつも見ている風景や、乗っている電車や、出入りさせて頂いているお仕事先や、お気に入りのお店がスクリーンに出てくるのはやっぱり不思議な気分です。
 しかもその映画をカミサンと一緒に観に行くのは、なんだか職場見学にでも連れて行くような妙な照れ臭さもあったのですが、ともあれ遠く離れた札幌の映画館でも観ることができたのは幸いでした。
 私が語ると、どうしても個人的な想い入れや贔屓目が入ってしまうので敢えて感想は控えますが…。
 福井を知らない、鉄道にも興味のないカミサンが「面白かった!」と言っていましたから、きっとそういう作品だったんだな、と思います。

 奇しくも今日から、来年・平成31年版の「えちぜん鉄道カレンダー」も発売になりました。
 私が描かせて頂くようになって、気がつけばもう9作目になります。 
 「ぜひこの構図を入れて欲しい!」と担当社員さんから強く頼まれた何点かの絵は、なるほど、劇中のあのシーンと重なってたんだな…と、私も今日映画を観てようやく腑に落ちました。
 映画とあわせて、カレンダーもぜひ多くの方々の目に触れて、この鉄道ならではの温かな魅力を感じて頂けたらと願っています。


----おしらせ----
【作品掲載】素材集「新春を寿ぐ和の趣年賀状 亥年版」発売中!>>詳細はこちら
【作品掲載】イオンの2019年亥年年賀状 ご注文受付中!>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜