さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2017年07月05日

宮の森日記●NHK文化センター


 ちょうど私自身も山手線の最新型電車の描き方に悩んでいたところで、今日は生徒さんから東京スカイツリーの描き方を質問されてしまいました。
 どちらも見た目からしてちょっと特殊なので…(笑)。
 一般的な「電車の描き方」「ビルの描き方」みたいなアプローチとは全然違う発想が必要なのかも知れませんね。
 とりあえず、いつものように「正解」としてではなく、あくまでひとつの「アイディア」として、私なりに思いついたスカイツリーのあの繊細な骨格の描き方を実演させて頂きました。
 毎度のことですが、講師のお仕事って自分にとってもつくづく良い勉強です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月04日

宮の森日記●難題


 巷の技術が進んでいくと、今までの己の描法が通じなくなることがあります。
 とりわけ最先端のモノや風景を描く時には、色々と新たな工夫も必要になってきます。
 ともかく「実物がこうだから…」じゃなくて、あくまで絵として、いかに雰囲気を出せるかを真剣に考えないとダメなんでしょうね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月03日

宮の森日記●クジラ!?


 珍しいものが手に入ったからと、網走のほうでお世話になっている方がわざわざ送って下さいました。
 クジラの心臓!?…だそうです。
 レバーに似ている…と言われれば確かに似ているような気もしますが、やっぱりこれは御飯よりも、飲める方ならお酒のほうが合いそうな感じですね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月02日

宮の森日記●写真整理


 取材ではないプライベートな旅でも、やっぱりカメラを持っているとつい色々撮りためてしまうものです。
 上田電鉄の素朴な駅や真田の郷の風景など、機会があればちょっと描いてみたくなります。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年07月01日

宮の森日記●土砂降りの真田の郷


 そういえば上田城から逃げる徳川勢を溺れさせた神川での戦って、実は真田勢が築いた堰を切ったのではなくて、どうやら雨で増水するタイミングを見計らっていたらしい…という説を誰かが語っていたのを思い出します。
 いずれにせよ、中途半端な曇天よりは、むしろ本格的に降ってもらったほうが趣があって良いものです。
 今日はその神川の上流、真田の郷のほうに行ってみることにします。


 上田駅で突如始まった鎧武者たちの真田陣太鼓!


 陣太鼓に見入っていたら出発が遅くなってしまいました(笑)。
 上田駅前でクルマを借りて真田の郷へ…。
 雨に煙る坂道の向こうに見えてきた火の見櫓を眺めていたら、なぜか新婚旅行で訪れたオーストリア・チロル州の山奥、フェント村の教会の尖塔を思い出しました。


 雨はますます激しくなってきました。
 野外の史跡めぐりはまたの機会の楽しみということで、今回は「真田氏歴史館」をじっくりと見学していくことにします。


 その名も「佐助」さんという、古民家改装とおぼしき蕎麦屋さんで遅めの昼食。


 こんなところまで来てスマホをいじっているのも無粋だなぁ…などと思いつつも気になる気象情報などチェックしていると、大雨で北陸新幹線が一部運転見合わせとの報!? 
 乱れているのは金沢発着の「かがやき」「はくたか」で、今のところ長野からの「あさま」は動いているようですが、ともかく食事を終えたら早めに上田駅界隈に戻っておいた方が良いかも知れません。


 クルマの中でつけたラジオが土砂災害警戒情報を伝えていました。
 ちょうどいちばん激しい時に真田の郷を訪れていたようです。
 上田の市街地に戻る頃には、少し雨も弱まっていました。
 新幹線の状況を気にしつつ、昨日に続いて今日も上田城へ…。


 昨年の大河ドラマの記憶も新しいだけに、むしろこっちを見て「あっ本物だ!」と興奮してしまいました(笑)。
 最後に特別企画展「400年の時を経て甦る上田城」の会場を訪れて、草刈正雄さんの毛皮や堺雅人さんの甲冑、そしてこちらは正真正銘、戦で撃たれた銃弾の穴が残っている本物の当時の鎧などをじっくり眺めたら、予定よりも少し早めの新幹線で東京に向かうことにします。

 大変な空模様でしたが、それはそれで良い想い出…。
 でも今度はもう一度、天気が良い時にまた訪れないといけませんね。


 羽田から新千歳行きの最終便に乗って、やれやれ無事に札幌まで戻ってきたぞ!…と安堵したのも束の間、道内で強い地震があったとかで帰りの地下鉄が途中で停まってしまいました。
 胆振地方で震度5弱とか。
 結局、地下鉄は十数分ほど経ったところで徐行運転で動きだしましたが…。
 ともかく、各地で大きな被害が出ていないことを祈るばかりです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月30日

宮の森日記●プライベートで信州・上田へ


 飛行機と新幹線を乗り継いで、信州・上田にやってきました。
 カミサンと二人、今回は仕事抜きの夫婦旅です。


 明日は天気が崩れそうなので、今日のうちにまずは上田城から見ておくことにしました。
 こうして眺めると、昔はこのすぐ下を千曲川が流れていたというのがよく分かります。


 城跡にして廃線跡…。
 二の丸堀跡は一時期、電車の線路敷として利用されていたそうです。
 廃止から既に40年以上が過ぎた今でも、一目でそれと分かるプラットホームの跡が残されていました。


 「温泉行きの電車」って、なんか風情があっていいですね。
 上田電鉄に乗って終点・別所温泉へ。
 なかなか絵になりそうな駅舎の佇まいです。


 個人的にはこちらも気になります(笑)。


 こういう温泉宿に泊まるのも本当に久しぶりです。
 静かな良い雰囲気の温泉街でした。


 結構歩き回ったのでさすがに少し疲れましたが、今日一日、おかげさまで良い時間を過ごすことができました。
 明日は真田の郷に足を延ばしてみるつもりです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com
  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月29日

宮の森日記●出発前夜


 一緒に連れていくカミサンの為に旅程表を作っておきました。
 純粋に仕事抜きでの遠出は私にとっても久しぶりです。
 あとは予報が外れて、少しでも晴れてくれることを祈るばかりです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月28日

宮の森日記●新車!


 教科書を見るだけじゃダメ、漢字や英単語はノートに書かないと覚えないぞ!…と子供の頃に教えられた記憶がありますが、こういう工業製品のデザインなども、自分で絵に描いてみて初めて「なるほど!」と納得できるものなのかも知れません。
 初めて描いた話題の新型電車。
 ひとつひとつ確認しなければならないことばかりで、下描き段階でいつも以上に時間を要してしまいましたが、おかげで色々良い勉強になりました。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月27日

宮の森日記●ちぎれ雲


 夕方、ふと見上げると空一面のちぎれ雲。
 なかなか面白い眺めですが、私の画材で描こうとしたらちょっと工夫が要りそうです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月26日

宮の森日記●寒い日


 思いのほか寒い日でした。
 薄手のジャケットの下に半袖シャツで家を出てしまったことを今更ながら後悔…。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月25日

宮の森日記●苦手な話


 「根拠のない憶測」と「リアリティのない理想論」、それに「アレは誰々の責任だ!」みたいな悪者探しにはどうしても馴染めません。
 元々、そういう類の話題を耳にすることも、その話の輪に加わることも苦手だったのですが、とりわけ最近はほぼ拒絶反応と言って良いレベルでその場から離れるようになってしまいました。
 どんな物事であれ、傍から見ただけでは分からない事情も、一言では言い表せない人それぞれの想いもあるもの。
 そんなことを一瞬でも想像したら、そうそう評論家やコメンテーターみたいに切って捨てる言い方はできないだろうに…などとつい考えてしまうのは、何より己が「北斗星」の最期を看取った時の諸々の記憶が残っているからでしょうか?
 やっぱり私のような人間は、黙って絵だけ描いていたほうが良いのかも知れませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月24日

宮の森日記●NHK文化センター


 「今日は降らないよ!」とカミサンに言われて傘を持たずに家を出たら、講座の途中でしっかり雨が降り出しました。
 大事な情報は又聞きじゃなくて、自分で調べて判断しないといけませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月23日

宮の森日記●フラワーカーペット


 なにやら道庁前が賑わっていたので覘いてみると、「フラワーカーペット」なるイベントが催されていました。
 近付いてみると、どれも本物の花びらを並べて描かれているようです。
 考えただけでも気の遠くなる作業、只々感心するばかりです。


 フラワーカーペットも素晴らしいのですが、やっぱりこちらも気になってしまいます。
 「北海道クラシックカーラリー2017」、来月7日にここ道庁前からスタートするそうです。
 こういうクルマも描いてみたら面白そうだなぁ…と思いつつも、まずはその前に飛行機の絵をしっかり勉強しないといけませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月22日

宮の森日記●診断結果


 健康診断の結果が返ってきました。
 全く酒も飲まないのに肝臓の数値を指摘されてちょっと落ち込んでしまいます。
 とか言いつつ今夜も外食…。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月21日

宮の森日記●恐怖のドライブ・雨の夜編


 締切と講師のお仕事が重なるとさすがにちょっと大変です。
 朝早くから頑張っていたイラスト作業を一旦止めて、午後からはNHK文化センター新さっぽろ教室の水彩色鉛筆画講座。
 夕方前に帰宅して、ようやく最後の仕上げを終えて、さて今夜じゅうに郵便局に行って原画を送ってしまわねば!…と思ったら突然激しい雨が降ってきました。
 こういう時、やっぱりクルマが使えると助かりますね。
 もちろん私は免許がないのでカミサンの運転ですが、夜間の運転も、これほどの雨の中でも運転もまだほとんど経験がないので、ある意味良い練習になったかも知れません。
 曰く、ブレーキの感覚はそれほど違わないものの、サイドミラーがほとんど見えなくなってしまうのが怖かったとか。
 ともあれ今夜はカミサンに感謝です。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月20日

宮の森日記●締切間際


 ある時期から、本当にTVのニュースや情報番組を見ないようになりました。
 賛否はともかくさまざまな意見を聴いておくことは大切と思って、以前は論調の方向性が合わない番組も一応は見るようにしていたつもりですが…。
 最近はどうも見ていると真面目に腹が立ってしまってダメですね。
 番組の質が落ちているのか、それとも私のほうが歳を取って頑固になってしまったのか…。
 いずれにしても大切な締切前、無駄なストレスを抱えて肝心の作品が荒れないよう、自分で気を付けないといけませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月19日

宮の森日記●執筆中


 ちょっとお行儀悪いですが、ランチタイムに原稿の見直し中。
 つくづく文章って難しいなぁ…と頭を抱えつつも、一発勝負の手描きイラストと違って、じっくり何度も読み返して修正できるのがせめてもの救いです。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月18日

宮の森日記●下描き中


 この場所も、この形式の機関車も、そういえば自分で描くのは初めてだったかも知れません。
 先日の取材成果、これから一気に仕上げてしまいます。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月17日

宮の森日記●キャリアカー


 締切前の作業があるので遠出はできませんが、カミサンの運転練習も兼ねて近場にランチに出掛けてきました。
 出発早々、路肩で荷下ろし中のキャリアカーに遭遇!
 数年前、「ちいさなかがくのとも」でキャリアカーの絵本を描かせて頂いて以来、こういうのを見るとつい敏感に反応してしまいます(笑)。
 このトレーラー、まさに私が取材させて頂いたのと同じタイプの車両ですね。


 今日はキャリアカーによく出会う日です。
 しばらく併走していたこの黄色いキャリアカー。
 あまり見たことのない車両だなぁ…と思ってしげしげと眺めてみると、どうやらカーシェアリング&レンタカーでおなじみの「タイムス」の業務用車だったようです。
 ちなみにいま乗っているこのクルマも実は「タイムス」のカーシェアリング…。
 やっぱり同じように黄色いキャリアカーで運ばれてきたのかも知れませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:56宮の森日記〜日々の出来事〜

2017年06月16日

宮の森日記●札幌まつり


 毎年恒例、「札幌まつり」の神輿渡御。
 今年は西8丁目で電車通りを渡ると訊いて、ちょっと早起きして観に行ってきました。
 でも、通り過ぎていく神輿や山車と、数分に一本しかやってこない市電とを絡めて撮るのはなかなか難しいようで…。
 やっぱりこういう構図はイラストでしっかり練って描いたほうが良いのかも知れませんね。


----おしらせ----
【作品掲載】季刊『スロウ』2017春号5/25より発売!>>詳細はこちら



【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
http://suzuki-syusaku.com  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:56宮の森日記〜日々の出来事〜