さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2018年09月16日

2018年09月15日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


 今日は地震の影響で休講になった先週8日の振替講座でした。
 急遽決まった日程で、時間もいつもとは異なる15時~17時ということもあって、残念ながらご都合がつかなかった生徒さんも多かったようですが、それでも出席して下さった皆さんの元気なお顔が見られただけでも少し安堵しました。
 来週にはまた通常日程の講座がありますから、他の皆さんともお会いできるのを楽しみにしています。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月14日

宮の森日記●ファイターズ戦、再開!


 奇しくも今日に合わせるかのように、ファンクラブ会報の最新号も届きました。
 地震の影響で一昨日までの2試合が中止になってしまいましたが、今日から札幌ドームのファイターズ戦も再開です。
 実はその一昨日の試合を観戦予定だったのは内緒ですが…。
 ともかくこういう状況で、しかも優勝の可能性がまだ皆無ではない微妙な順位というのは色々な意味で戦い辛そうですが、また普段通りのプレーで北海道に勇気を与えてくれたら嬉しい限りです。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月13日

宮の森日記●節電中


 地震から1週間が経って、とりあえず普段の生活はだいぶ元に戻ってきた感もありますが、節電のため明かりを落としている店舗や商業施設も多く、街の風景はまだ少し沈んだような印象です。
 いつもならネオン瞬くススキノ交差点も御覧の通り。
 逆にこの風景が珍しいからか、信号待ちの多くの人々がスマホでしきりに写真を撮っていました。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月12日

宮の森日記●お仕事も徐々に


 地震から7日目。
 お仕事関係の連絡も徐々に増えてきました。
 本州方面のお仕事相手の皆様にはすっかりご心配をおかけしてしまって只々恐縮する一方、道内のお仕事相手の皆様とは、まぁ、お互い何とか頑張ってやっていきましょう!というような感じでしょうか?
 ともかく、いつまでも地震を言い訳にしているわけにもいきませんから、しばらく滞ってしまった諸々の作業など、しっかり挽回していかねばと思っています。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月11日

2018年09月10日

宮の森日記●減便中


 地震から5日目。
 週が明けて街の賑わいもだいぶ戻ってきましたが、未だ厳しい電力事情が続いていることから、節電のため市電・地下鉄の減便が始まりました。
 減便といっても運転間隔がせいぜい1~2分延びる程度ですから、これで不便だなどと言っていたら叱られるでしょう。
 今も懸命に復旧に努めて下さっている方々に感謝しつつ、私もできるだけの節電に努めようと思います。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月09日

2018年09月08日

宮の森日記●「西郷どん」来札


 地震から3日目。
 HAC(北海道エアシステム)の増便対応の応援のため、鹿児島のJAC(日本エアコミューター)から「西郷どん」ラッピング機がまで行ってやってきたと訊いて、こんな時ではありますが街の様子見も兼ねて丘珠空港まで行ってきました。
 増便は丘珠~釧路・函館間にそれぞれ1往復ずつ。
 地上交通の不通が続いている中、こういう迅速な対応は頼もしい限りです。

 大通発着の空港連絡バスも今日から運行再開ですが、途中、道路の陥没などで迂回運転になる区間もありました。
 栄町界隈では片側2車線の幹線道路が1車線分になっていたり、完全に閉鎖されていたり、走れる区間でもあきらかに路面が波打っていたりと、我が家の周囲と比べてもこのあたりの被害は結構大きかったんだなと感じさせられました。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月07日

宮の森日記●平成30年北海道胆振東部地震・2日目(メモ)

【9月7日(金) 7時ごろ】 我が家の電気は未だ復活していない。
 病院や公共施設のある地域から優先的に送電しているとのことで、その種の施設のない我が家のあたりは後回しになっているようだ。でも、本当に必要な方々に先に届けるのは当然のこと。不満など言うつもりはないし、むしろこれほどの大停電でありながら、迅速に復旧を進めて下さっていることに素直に感謝しなければ…。

【7時半ごろ】 オール電化で停電になると温かいものは食べられない。常温で食べられるレトルトおかゆで朝食。

【8時ごろ】 カミサン今日は出勤するという。職場は大通界隈だから歩いて1時間ほど。少しはダイエットになるか? 出先で食糧が手に入るか分からないので、昨日のどら焼きとペットボトルを持たせて送り出す。

【10時ごろ】 NHK文化センターのTwitterで、札幌教室・新さっぽろ教室が10日まで休講と知る。明日8日の新さっぽろ教室の私の講座ももちろん休講。大変な状況の中、他の講座も含めて受講生・講師への連絡だけでも膨大な手間に違いない。とりあえず教室の担当職員さんには一言「休講は知ってるから連絡無用!」とだけメールしておく。生徒さんたちが見て下さっているかどうか分からないが、私のブログ・SNS等にもその旨掲載しておく。

【10時半ごろ】 耳慣れたプロペラ音に気付いて外を見ると、ちょうど我が家の上空をHAC(北海道エアシステム)のSAAB340Bが飛んでいくのが見えて、何だか励まされたような気分になる。

【11時半ごろ】 様子見がてら買い出しに行ってみる。未だエレベーターは動いていない。

【12時ごろ】 昨日のスーパーでは、やはり玄関先の長机に商品を並べて販売している。行列の長さも、品揃えも昨日とほぼ変わらないが、今日は野菜・果物が少しだけ並んでいる。リンゴ2個、ナシ2個、キュウリ1本、レトルトハヤシと、僅かに残っていた菓子パンをギリギリ確保。

【13時ごろ】 ファイターズの栗山監督と複数の選手が道民への激励メッセージの動画を球団公式Twitterに。我々に寄り添って下さるお気持ちが本当にありがたい。でも電池・電波が厳しいので停電復旧までは見ないでおく。ちなみに今日の仙台での試合は中止とのこと。

【14時ごろ】 地下鉄東西線は14時20分から運転再開とのこと。南北線・東豊線は安全確認のための試運転中なのでまだ少しかかりそう。ちなみに市電は11時頃から既に運転を始めているとか。朝のうちから走りだすとの報道もあったようだが、道路信号の復旧が間に合わなかったので若干遅れたらしい。

【15時ごろ】 電気が止まって1日半。最初のうちは多少ひんやりとしていた冷蔵庫の中もすっかり常温になってしまったが、ふと、冷凍室がまだ普段の冷蔵室くらいには冷えていることに気づいて、大急ぎで冷蔵室の中身を避難させることに。元々の温度の低さに加えて、冷凍室の中に保冷剤をストックしてあったことが幸いしたのかも知れない。あっ!それなら保冷剤を冷蔵室に移しても良かったのかな? もう少し早く気づけば良かった…。

【16時半ごろ】 地下鉄も動きだしたので、街の様子を確認しに行ってみることに。
 未だ停電中ながら「営業中」の紙が貼られた地下鉄駅前のコンビニを覘いてみると、ペットボトル飲料とカップ麺が少しだけ並んでいた。
 地下鉄はいつもより本数が少なく、12~13分間隔での運転だが、それでも車内はガラガラ。

【17時ごろ】 市電は動いているものの、4丁目交差点を囲む三越・パルコ・4丁目プラザがいずれも臨時休業で、街は暗くひっそりとしている。いつもなら会社帰りの人々で混み合う市電の車内も閑散としているようだ。

【18時ごろ】 節電のためかテレビ塔のライトアップが消えている。大型時計まで消えているのが不思議な雰囲気。

【18時半ごろ】 仕事を終えたカミサンを迎えに行く。職場近くのローソンで「Lチキ旨塩」を2個確保。地震後初めての温かい食べ物!

【19時ごろ】 地下鉄を降りて地上に出ると街灯が点いている! 遂にわが街も停電解消!!
 お湯が沸かせるありがたさを噛みしめつつ、今日の夕飯は温かなカップ麺♪

【20時ごろ】 通信環境も復活したので、ようやくPCで情報収集。
 地震そのものこと、電気のこと、土砂崩れや液状化、交通インフラの状況等々、断片的にしか見えていなかった諸々がようやく繋がって見えてくる。
 昨日の「断水デマ」のことも、そのデマに気をつけろ!という注意喚起とともに色々なところに書かれている。しかも、ある野党議員が自身のSNSでそのデマを拡散していたとか、また別の野党がよりによって街宣車でそのデマを触れ回っていたとか…。
 何もせずにはいられない!…という思いに駆られてバタバタして、結果、周囲を巻き込んで混乱させるのは一番やってはいけないこと。必ず現れるこういう手合いには重々気をつけねば。

【23時ごろ】 そういえば被害の「映像」をまだほとんど見ていない。昨日から停電でTVが見られなかったし、スマホの電池節約の為、ネットでもテキスト情報くらいしか見ないようにしていたから。
 ともかく情報収集をと、普段は全く見なくなって久しいTVニュースをつけてみて唖然…。
 厚真町の土砂崩れ現場で泣き崩れる人の表情をひたすら映し続けるばかりで、災害の全体像などそっちのけ。しかもたった今、身内のご遺体が見つかったばかりの人にマイクを向けて一体何が聞きたいのか? 相変わらずこんなことばかりやっているのかと心底怒りを覚える。
 そしてインパクトのある映像をひとしきり流したあとは、何事もなかったようにスポーツの話題へ。丸一日以上が過ぎてしまえばこの程度のものなんだろうか?
 情報を得ることは大切だけど、こんな情報ならあえて得る必要もないだろう。
 少なくともこの時間、この局のニュース番組は「報道」として見る価値はないと、心の内にしっかり刻んでおこうと思う。



(※2018年09月12日掲載)

----おしらせ----
【重要】平成30年北海道胆振東部地震に伴うお知らせ>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月06日

宮の森日記●平成30年北海道胆振東部地震・1日目(メモ)

【9月6日(木) 3時07分】 就寝前の歯磨き中に地震発生。かなり激しい横揺れ。ほどなく電気が消える。棚から荷物が落ちる音。揺れは結構長かった気がする。
 揺れが収まったところでTVのスイッチを押すが何も映らない。とりあえずラジオで情報収集。
 棚の荷物が散乱したが家具の転倒等は無し。断水はしていない模様。ベランダから外の様子を確認。周囲のマンションの窓は真っ暗だが、階段部分のみ明かりが点いている。非常電源か?

【4時ごろ】 いざという時すぐに逃げられるよう、服を着替えてから横になる。枕のまわりの危なそうなものは撤去。しばらくラジオはつけたまま。長引くかも知れないので、ワンセグ、ネットはできるだけ控えてスマホの電池は温存しておくことに。
 マグニチュード6.7(暫定値)、最大震度7(厚真町)…という情報はこの時ラジオで聞いたのか、後でネットで見たのか覚えていないが、札幌市中央区の「震度4」は実際にはもっと激しく揺れていたような気がする。

【7時ごろ】 朝になっても電気は戻らない。道内全域、295万戸停電中とのこと。仕事に出るかどうか迷っていたカミサン、結局今日は休むことに。
 遠方の友人知人から安否確認のメールが複数件。さすがに全国ニュースでも採り上げられているのだろう。取り急ぎ無事の報告のみ返信。

【8時ごろ】 コンビニに出入りする人影を見て、営業していることに気付く。カミサンを家に残して一人で食糧調達へ。
 行き交うクルマは少ないが歩いている人は結構多い。もちろん道路信号は全て消えていて、交通量の多い交差点の中央では警察官が立って交通整理をしている。
 件のコンビニは営業していたものの店内は真っ暗で、パン・おにぎり・弁当の類は皆無。その後、3件目のコンビニで、どら焼き4個とペットボトル飲料、カップ麺をどうにか確保。レジが使えず手計算で販売するため、店内を一周するほどの長蛇の列。30分以上並んだだろうか?

【9時ごろ】 自宅マンションに戻る。無情にもエレベーターはまだ動いていない。●階の自室まで非常階段をひたすら上る。日頃の運動不足を痛感。

【11時ごろ】 スーパーのレジ袋を持った人が歩いているのを見て、再び食糧調達へ。階段はいささか憂鬱だが仕方ない。
 結局、近所のスーパー1軒、コンビニ1軒は空振りで、もう1軒のスーパーの前に行列を見つけてともかく最後尾に並んでみることに。何が買えるのか、買えないのかは分からない。
 「15時から断水になるみたいですよ!」と列の前方の奥様方が話している。ラジオではそんな話は出ていなかった。「デマじゃないんですか?」と言うべきかどうか迷ったが、「デマ」と断言するだけの根拠も持ちあわせていないので結局何も言えなかった。こういう時ってつくづく難しい。まずは自分自身が気を付けるしかないのか。ちなみに結果的にはやはりデマだった模様。

【12時ごろ】 スーパーの列に並んで数十分。ようやく順番が回ってくる。
 店内に入ることはできず、玄関先に並べた長机の上に、「パン」「飲料」「カップ麺」など、販売できる商品だけを種類ごとに分けて並べている。品数は多くない。もちろん冷蔵・冷凍食品は皆無。パンは既に売切れだったが、ミネラルウォーターとカップ麺、ラジオ用の単4電池などを確保。

【16時ごろ】 全道295万戸のうち、既に32万9千戸の停電が解消されたとのこと。完全復旧には1週間以上かかる見込みだが、明日くらいにはかなりのエリアで送電が再開されるらしい。大変な状況下で精一杯頑張って下さっている北海道電力の皆様に感謝!

【17時ごろ】 こんな状況でもシャワーに入ることができた。電気温水器のタンクの中にお湯が残っていたのが幸い。

【17時半ごろ】 真っ暗になってしまう前に早めの夕食。御飯が炊けないので、冷凍保存から自然解凍した食パンと、このまま常温になると痛んでしまいそうなチーズ、ハムを挟んだ自家製のサンドウィッチ。オール電化なのでお湯が沸かせず、温かいコーヒーが淹れられないのが残念。

【18時ごろ】 「暇だね…」とカミサン。停電でTVも見られないが、暗くて仕事も読書もできない。そんな中、普段はファイターズ中継を放送している地元民放ラジオ局が、地震情報とあわせてファイターズ情報や選手登場曲を流してくれたのが嬉しかった。こういう非常時だからこそ、ちょっとした心の余裕がつくづく大切なんだと、当事者になって初めて分かった気がする。

【18時半ごろ】 カミサンがミニサイズのキャンドル型LEDライトにレジ袋をかぶせてランタンらしきものを作っていた。意外と明るいけどなんだかオバケみたい。

【19時ごろ】 新千歳空港は閉鎖、地上交通も麻痺しているのに、丘珠発着のHAC(北海道エアシステム)の飛行機はほぼ通常通りに飛んでいるらしい。ベランダに出ると、藻岩山の方角から東に向かう飛行機の光が見えた。HACのSAAB340Bかも知れない。確証はないけど。でも、いつものあの飛行機が今日も飛んでいる、空路を通じて他の街と繋がっているということが何だか本当に頼もしく感じる。

【20時ごろ】 停電は都心部のほうから徐々に解消されつつあるのだろうか。漆黒の街並みのはるか向こうに、ポツリポツリと電気が点き始めたビルが見える。プリンスホテルの屋上看板の青い光も。ベランダから身を乗り出して眺めてみると、数百メートルほど先までは信号機が復活している。我が家のあたりは今夜中か?それとも明日か? 溜息つきながら見上げると札幌とは思えない満天の星空が…。

(※2018年09月12日掲載)





----おしらせ----
【重要】平成30年北海道胆振東部地震に伴うお知らせ>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月05日

2018年09月04日

2018年09月02日

宮の森日記●ささやかなご褒美


 そういえばファミリーレストランってあまり入ったことがありません。
 お手頃なイメージがあったのですが、調子に乗ってドリンクバーとかデザートとか頼んでしまうと結構良いお値段になるんですね。
 今日は「市電フェスティバル」の荷物運びを手伝ってくれたカミサンへのささやかなご褒美です。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年09月01日

宮の森日記●市電フェスティバル


 毎年恒例の「市電フェスティバル」。
 新型車両のお披露目があったからか、今年はいつも以上に賑わっていたような気がします。


 昨年は諸事情により不参加となった「市電の会」も今年から復帰して、同会ブース内での私の原画展示も2年ぶりに再開させて頂くことになりました。
 久しぶりの友人知人や思いがけぬ遠来のお客様など、色々な方が訪ねてきて下さって、おかげさまで楽しい一日になりました。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター札幌教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【水彩色鉛筆画講座】NHK文化センター新さっぽろ教室 4月期受講生募集中!>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年08月31日

2018年08月30日

宮の森日記●周辺作業


 絵を描くことよりも、絵を描くこと以外の作業をきちんとやることのほうが実は大切なんだろうな…と時々思います。
 Webサイトの更新、講座の告知、その他諸々の事務作業で思いのほか時間を要してしまいました。
 やるべきことは早めに片付けて、まずは肝心の制作に専念できる状況を整えてしまわないと…。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【作品展示】9/1(土)札幌市電「市電フェスティバル」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年08月29日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


 万が一にでも荒天欠航などに遭ったらと考えると、帰札翌日の講座というのはいささか不安もあったのですが、とりあえず予定通りに札幌に戻って今日の講座を終えることができて少しホッとしています。
 まぁ、水曜クラスは午後からだし、新千歳空港から快速「エアポート」で一本だし、最悪、当日朝の便でも間に合うんだから…と一応シミュレーションはしていたのですが、でもさすがに最初から講座当日に帰ってくる前提で旅程を組む勇気はありません。
 絶対に外せない、代役も頼めない、しかも毎回十数人の生徒さん全員が私を目的に集まって下さるという講師のお仕事は正直結構なプレッシャーですが、こういうお仕事をやらせて頂けること自体、有難いことと感謝して頑張って続けていかねばと思っています。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【作品展示】9/1(土)札幌市電「市電フェスティバル」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年08月28日

宮の森日記●工業デザイナー黒岩保美展


 都内での打ち合わせを終えた後、旧新橋停車場・鉄道歴史展示室で開催中の企画展「没後20年 工業デザイナー黒岩保美」を観に行ってきました。
 国鉄の車両設計事務所に在籍し、当時の鉄道車両の塗装やヘッドマーク、今も使われている「グリーン車」のシンボルマークのデザインなどを手掛けられた他、鉄道絵画や編集のお仕事にも数多く携わられた方です。

 デザインというのは「格好つけ」ではなく、シンプルに、機能的にまとめるということ。
 シンプルにまとめるには、そのもの自体の特徴を熟知していなければならないということ。
 単に鉄道に詳しいだけでも、絵の技術やセンスがあるだけでもダメで、全てにおいてバランスが大切なんだということ。
 「大先輩」などと書くのもおこがましいような、私からすればまさに雲の上の方ですが、黒岩先生の手掛けられた作品や図面、資料などを拝見しながら、色々なことを考えさせられました。

 とりわけ波打つ夜の海をモチーフにした寝台特急「日本海」のヘッドマーク図案の、絶妙な位置にひとつだけ描かれた小さな星の存在感には思わず息をのみました。
 デザインにせよ、絵画にせよ、こういうところがきっと大切なんでしょうね。


 帰りの飛行機は「ベア・ドゥ北海道JET」に当たりました♪
 2年前の就航初日、いきなりの機材トラブルで運用が変わり、新千歳空港で9時間も待たされることになったあの日以来の搭乗です(笑)。


 明日の仕事の都合もあって、今回はいつもの最終便ではなく早めの便で帰ってきました。
 天気がちょっと残念でしたが、日没前の千歳界隈の風景もたまには良いものですね。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【作品展示】9/1(土)札幌市電「市電フェスティバル」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2018年08月27日

宮の森日記●ひと月半ぶりの鉄道博物館


 思いがけず時間が空いてしまったので、今回もまた鉄道博物館に寄ってきました。
 先月訪れた時は駆け足で眺める程度だった新館の「歴史ステーション」も、ひとつひとつ解説を読みながら、細々とした展示品をじっくり眺めていくと思いのほか見応えがあって、結局今回も半分ほどで時間切れとなってしまいました。

 ところで、平成19年の開館以来続いてきた会員組織「Teppa倶楽部」が、博物館のリニューアルを機に終了することになったそうです。
 「年会費3,000円・会員特典として1年間入館無料」という、実質的には年間パス的な会員組織だったのですが、今後はその名の通りの「年間パスポート」が5,000円で発売されるとのこと。
 前身の交通博物館時代からの個人的な想い入れと、なんとなく東京とのつながりを残しておきたい気持ちもあって、最初の年からずっと会員を続けてきたのですが、まぁ、それもそろそろひと区切りかな?…という感じです。
 さて、特典の期限が切れるまでに、もう一度くらい来る機会があるかどうか…?


 時間がなくて先月は寄れなかった東川口の「グランシャリオ」さんにもお邪魔してきました。
 こちらの御縁はまだまだ続くことになりそうです。


----おしらせ----
【参加者募集】10/10(水)HAC就航20周年記念「飛行機スケッチ&航空教室」>>詳細はこちら
【作品展示】9/1(土)札幌市電「市電フェスティバル」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊『スロウ』2018夏号7/25より発売!>>詳細はこちら


【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~  



Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜