さぽろぐ

  写真・芸術  |  札幌市中央区

ログインヘルプ


2020年02月08日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


講師のお仕事を続けていると、「言葉にすることの大切さ」をしばしば考えさせられます。
例えば何か質問を頂いた時、「ホラ、こんな風に描けば良いんですよ!」と言って作例を描くだけなら簡単なことですが、その場面でなぜこの技法を用いるのか、どういう点に留意して描けば良いのかをきちんと言葉で説明できないと、生徒さんにはなかなか伝わらないものです。
それに自分自身も、なんとなく感覚で描いてしまうだけではなく、言葉に置き換えることによって初めてその技法を理解できるような気もします。
毎度ながら、このお仕事のおかげで私も良い勉強をさせて頂ているとつくづく思います。

厳しい冷え込みと昨日までの雪のおかげで、教室の窓から見える景色が今日は一段と綺麗でした。


----おしらせ----
【原画展やります!】4/13~札幌市内「ギャラリー土土&土土カフェ」にて >>詳細はこちら
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年02月07日

2020年02月06日

宮の森日記●大雪の翌朝


外出中、マスクを着用しているとメガネが曇ってカメラを扱うにも難儀していたのですが、ふとメガネを外してみると、裸眼ではぼんやりとしか見えないはずの風景が、カメラの液晶モニターの中では隅々までくっきりと見えることに気付きました。
まぁ、冷静に考えてみれば当たり前のことなんですが、自分ではちょっとした盲点でした。
この時期、撮影中はむしろメガネを外したほうが良いのかも知れませんね。

昨晩は記録的な大雪だったようで、朝には街の風景も一変していました。
身の丈ほどもある路肩の雪山なんて、この冬になって初めて見た気がします。


----おしらせ----
【原画展やります!】4/13~札幌市内「ギャラリー土土&土土カフェ」にて >>詳細はこちら
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年02月05日

宮の森日記●夜から吹雪に


午後からの絵画教室が始まる頃は陽が差していたのに、終わる頃には雪雲が広がり、夕方には激しい吹雪になっていました。
ササラ電車も出動するほどの降り方でしたが、教室帰りで荷物も多かったので、今日は数枚ほど軽く撮っただけで帰ってきました。
雪まつりシーズンを迎えて、ようやく札幌も冬らしい冬になってきたようです。


----おしらせ----
【原画展やります!】4/13~札幌市内「ギャラリー土土&土土カフェ」にて >>詳細はこちら
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年02月04日

2020年02月03日

宮の森日記●釧路最終日


釧路からバスに乗って1時間少々。
鶴居村の「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」には、数えきれないほどのタンチョウと、大勢のカメラマンや観光客の方々が朝のうちから集まっていました。
立ち姿、飛んでいる姿、縄張り争いや求愛ダンスなど、1時間半ほど粘ってさまざまなポーズをカメラに収めることができました。
この旅最大の収穫と言っても良いでしょう。
これでしばらくはタンチョウの絵を描き続けられそうです。


丘珠行きの帰りの飛行機が雪で欠航になってしまいましたが、おかげで釧路滞在が少しだけ伸びて、旅程上諦めていた「SL冬の湿原号」が最後に一目だけ見られたのは思わぬ幸運でした。
仮に予定通り飛んだとしても、この空模様では機窓風景は期待できなかったでしょう。
空旅はまた次回の楽しみにして、今回はおとなしくJRで札幌に帰ることにします。


----おしらせ----
【原画展やります!】4/13~札幌市内「ギャラリー土土&土土カフェ」にて >>詳細はこちら
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年02月02日

宮の森日記●ひさびさの摩周湖


「お客さん、日本人ですよね!?」
路線バスに乗ると運転士さんに話しかけられました。
見渡せば他の十数名は皆さんインバウンドの方々ばかり。
今の道東の観光地ってこういう雰囲気だったんですね。
「摩周湖は初めてですか?」と訊ねられたので、「いや、前にも来たんですよ。美幌から出ていた『阿寒パノラマコース』っていう路線バスで……」と答えたら「それは古い!」と大笑いされました。
札幌移住後初めて……というより、多分四半世紀ぶり位の摩周湖です。


あまりにも空が綺麗だったので、釧路に戻る列車を1本遅らせてしまいました。
残念ながらマスターは不在でしたが、川湯温泉駅のレストラン「オーチャードグラス」さんで久しぶりに良い時間を過ごさせて頂きました。
ぜひまた近いうちにお邪魔しようと思います。


----おしらせ----
【原画展やります!】4/13~札幌市内「ギャラリー土土&土土カフェ」にて >>詳細はこちら
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年02月01日

宮の森日記●ひさびさの釧路行き


丘珠からほんの45分ほどの距離なんですが、それでもHACの釧路便に乗ると「遠くに行くんだなぁ……」と妙に感慨を覚えます。
結構頻繁に訪れているようでいて、実はもう1年以上も間が空いてしまった、ちょっと久しぶりの道東訪問です。


空港から釧路市内に向かう前に、阿寒国際ツルセンターを少しだけ覘いてきました。
往復のバスの時間の関係で正味20分ほどしか滞在できなかったのですが、今日の最後の一群が一斉に飛び立って巣に帰っていく瞬間を見届けられたのは幸いでした。
今後の創作に備えて、とりあえず最低限の成果は得られたかな?という感じです。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月31日

宮の森日記●幸先


明治天皇の玄孫、竹田恒泰さんの講演会で聴いた「幸先」という言葉を時々思い出します。
「良いこと」であれば物事がスムーズに進んでいく。
途中で色々つまづいて、なかなか物事がスムーズには進んでいかないのは、それが「良くないこと」だと神様から言われているのだから慎重になったほうがいい……と、正確ではありませんが概ねそんな感じのお話だったと思います。

記録的な雪の少なさや季節外れの雨に加えて、札幌にも波及してしまった新型肺炎の一件など……。
なんとなく幸先が悪い雰囲気になってしまっているだけに、今年の「さっぽろ雪まつり」は地元住民としても色々気をつけて臨まなければと思っています。
気をつけるといっても、マスクと手洗い、それに人混みを極力避けること位しか今のところ思い浮かばないのですが……。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月30日

宮の森日記●描きかけの絵


絵を描く時間そのものよりも、描き始める前に悩んでいる時間のほうが実は長いものです。
逆に一旦描き始めてしまえば、あとはまぁ、何とでもなるような気もします。
なので少しでも効率を上げていくには、とりあえず描きかけの絵をたくさん手元に抱えておいて、悩むことなくいつでも手を動かせる状態を保っておくのも有効かも知れません。
この先、結構忙しくなりそうなので、今のうちに色々準備しておこうと思います。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月29日

2020年01月28日

宮の森日記●徹夜明け


余裕をもって始めたつもりの作業でしたが、結果的には締切前夜は徹夜作業になってしまいました。
少しだけ言い訳するなら、自分なりに新しい挑戦を色々盛り込んでしまったが為に、予想以上に時間を要してしまった感もあります。
無難にいつも通りの題材・作風で行けば、もっと簡単に仕上げられたとは思うのですが、でも長い目で見ると、それは必ずしも褒められたことではないでしょう。
創作の仕事を続ける以上、常に何かしら新しいことにも手を出していかないと……。
とりあえず、ようやく完成した原画を郵便局から送り出して、帰り際にお気に入りのハンバーガー屋さんでようやくホッとひと息です。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月27日

宮の森日記●原点回帰


12月の結婚記念日にあわせて毎年ひとつずつ買い集めているスワロフスキーの置物。
いつもなら年末頃、私の東京出張のついでに銀座の旗艦店で買って帰るのがお約束ですが、今回は件の「おっさんずラブコンサート」の予定もあったので、時期を少し遅らせて、先週の東京滞在中にカミサンと一緒に選びに行ってきました。
「毎年ひとつずつ」と言いながらも今回は2両になってしまいましたが、先頭の機関車は結婚記念日の、うしろの貨車は絵本「でんしゃをはこぶ」完成のお祝いに……という言い訳です。

今年の元旦、帰省先の八戸で見たデーリー東北の誕生月占いには「原点回帰を考えましょう」とありました。
店頭には可愛らしいネズミの置物もあって随分迷ったのですが、「原点回帰ならこっちでしょ!」と言うカミサンの鶴の一声で汽車のほうに決まりました。
ここ最近、「鳥だ!」「飛行機だ!」と新しいモチーフに惹かれつつある私ですが、考えてみればカミサンと出会った当時はまだ飛行機に乗ったことすらなく、ひたすら汽車ばかりを描き続けていたわけで……。
あるいはカミサンにしてみれば、もっと汽車を描いてほしいと内心思っているのかも知れませんね。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月26日

宮の森日記●収穫後…?


先日のキレンジャクの襲来で、近所のナナカマドはすっかり喰い尽されてしまったようです。
絵に描こう、描こうと思いながらいつも眺めていたのですが……。
こういうものは、突然消えてしまう前にしっかり記録しておかないといけないんですね。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月25日

宮の森日記●NHK文化センター新さっぽろ教室


そういえば前回、先々週の講座も帰札翌朝でしたね。
飛行機の遅延・欠航のリクスとか、旅の疲れで「寝過ごしちゃいけない!」というプレッシャーとか、色々考えるとできれば前日夜に帰ってくる旅程は組みたくはないのですが、最近は日程上、どうしてもそうなってしまうケースが多くなってしまいました。
東京で会社勤めをしていた頃は、「北斗星」を降りたら勤務先へ直行!なんていう無茶な旅程を平然と組んでいたものですが……。
今になって思えば、若さって色々な意味でつくづく恐ろしいものです。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月24日

宮の森日記●つかの間の東京


夜景も素晴らしかったのですが、部屋の窓から見える夜明け前の駐機場も印象的でした。
こんな時間に羽田空港に来ることなどまずありませんから、むしろ私にとってはこちらのほうが貴重な風景だったかも知れません。
東京出張のたびに泊まるにはいささか贅沢すぎますが、またいつか泊まってみたいホテルです。


あくまで昨日のコンサートがお目当てだったので、今日はこれといった予定もなかったのですが、せっかくの機会なので虎ノ門にオープンしたばかりの「領土・主権展示館」を見学してきました。
こういう大切なことは、日本人としてしっかり覚えておかねばと思います。

明日は朝から絵画教室なので、今日は少し早めの便で札幌に帰ります。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月23日

宮の森日記●おっさんずラブコンサート


札幌・大通の絵画教室を正午に終えて、14時の飛行機で新千歳発、19時開演の都内のコンサート会場に駆けつけるのは思った以上にスリリングでしたが、ともかく遅延も欠航も乗り遅れもなく辿り着けてホッとしました。

今日はカミサンに連れられて、東京国際フォーラムで開催された「おっさんずラブコンサート」に行ってきました。
あの人気ドラマのテーマ曲や挿入曲ばかりのオーケストラ演奏のコンサートです。
客席は見渡す限りほとんど女性ばかりで、私などいささか肩身が狭かったのですが、でも演奏自体は良い曲がたくさんあって、しかも主題歌を歌われていた「スキマスイッチ」のお二人のサプライズ出演もあったりと、大いに楽しませて頂きました。
「わざわざ東京まで行くほどのものなのか?」と、チケットを取った時にはカミサン自身も少し迷っていたようですが、やっぱり観に来て良かったようです。
行かずに後悔するよりは、少しでも興味があるならまずは行ってみることが大切なんですね。

コンサートはカミサンの趣味でしたが、今夜の宿は私の趣味で……。
一度は泊まってみたかった羽田空港ターミナル直結ホテルの「滑走路側確約プラン」です♪


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月22日

2020年01月21日

宮の森日記●新しいササラ電車


今季デビューの新型ササラ電車「雪21」が走る姿を初めて見ました!
考えてみれば、ササラ電車に遭遇すること自体、年が明けてから初めてです。
雪が少ない、少ないと言われ続けてきた今冬の札幌ですが、昨晩からの雪でようやく冬らしい景色になってきた感じです。


----おしらせ----
【絵本】福音館書店「かがくのとも」2020年2月号「でんしゃをはこぶ」>>詳細はこちら
【作品掲載】えちぜん鉄道「2020年版カレンダー」>>詳細はこちら
【作品掲載】季刊「スロウ」Vol.61/2019秋号>>詳細はこちら

【札幌の水彩色鉛筆画家】 ~イラストレーター鈴木周作~
  


Posted by イラストレーター鈴木周作 at 23:55宮の森日記〜日々の出来事〜

2020年01月20日